野中俊彦他「憲法Ⅱ」の特徴と評価

憲法Ⅱ

「憲法Ⅱ」の特徴

本書はいわゆる4人組と呼ばれる統治法分野の基本書決定版です。4人の共著ですが、本書は皆、芦辺先生門下の方々で構成されており、現在までの通説である芦辺説に則った穏当な記述が特徴です。

芦部先生の「憲法」では行間が読み込めない、記述が古いといった欠点を本書で補うことが出来ます。4人の共著ということで著者間での説の整合性が不安に感じられますが、皆、芦辺門下生ということで記述にムラはあまりありません。

他の基本書は総じて統治分野についての記述が薄い中、本書は人権分野と分け、別冊として十分な分量を確保しています。法科大学院の授業の予習や予備・旧司法試験の過去問等で統治分野を学習する際には本書を参照すればたいていのことが書いてあり、辞書的用途にはぴったりです。

しかし本書は基本書というカテゴリーに位置づけられる以上、本書を読んですぐ論文試験に役立つほど各論点の詳細・具体的な検討がなされているわけではありません。本書の用途としては統治分野の基本事項・基本論点の全体像を把握することに集約されています。

論文対策としては本書を読了後、試験問題や憲法学読本等を読み、具体的な事例でどのように論証するかを別途対策立てる必要があります。

「憲法Ⅱ」の評価は?

短答式対策において

短答対策を行う上で本書以上に優れた基本書はないです。

統治分野についての記述量は他の追随を許さず、記述も判例や通説(芦部説)をベースにしたものであり、本書を繰り返し参照すれば択一に必要な知識は必要十分以上に得られます。

もっとも本書の分量は統治分野としては多いので、何度も通読するといった用途よりは辞書的にその都度参照する、といった用法が効率的に学習できるます。短答過去問を解き、間違えた箇所・知識な不確かだった箇所を本書で参照しましょう。

法科大学院入試対策において

本書は圧倒的な情報量を誇りますが、人権法分野の論文試験が頻出の法科大学院入試ではやや過剰な印象です。

既に本書で学習を進めている人は格別、受験直前記に本書を買って学習を開始するような代物ではありません。法科大学院入試レベルであれば芦部先生の「憲法」その他の基本書でも十分です。

もっとも法科大学院進学後を見据え、憲法を深く学習したいと学部2,3年次で思い立った方であれば本書を読み込む時間は十分あるので、本書を手に取る価値は十分あります。

司法試験・予備試験対策において

新司法試験では統治分野から出題されたことはないので、新試論文対策のため本書を手に取る価値はあまり無いかもしれません。しかし前述のように、択一対策や法科大学院の授業の予習のためであれば十分本書を参照する価値はあるので、芦部憲先生の「憲法」の統治分野がよくわからないといった方は本書で新試験対策を講じるのもいいと思います。

一方、予備試験では統治分野からの出題が頻出しているので本書ベースで学習をする価値は十二分にあります。

いずれにせよ本書は現在販売されている憲法基本書の中で質・量、共に最高レベルのものなので、芦部先生の「憲法」が合わない方は本書をまず手に取ってみましょう。

あなたもレビューしませんか?

※先に「継続力」を理解する事が重要です。

難関な試験に合格する為には独学力を鍛えなくてはなりません。

司法試験の独学力.comでは、独学力を構成する「効率力」と「継続力」。特に独学で司法試験に合格する為の必須条件である「継続力」について解説しモチベーション向上を図ります。