芦部信喜「憲法」の特徴と評価

「憲法」の特徴

本書は、旧司法試験の時代から、受験生にとって最も定番とされてきた憲法の基本書です。憲法の学説は百花繚乱の様相であるため、勉強中は迷子になりやすいです。そこで、まずは一冊基本書を決めて、足場を固めておくとよいでしょう。

そして、多くの学説は、「通説」を踏まえて呈示されているものです。憲法において、現在「通説」とされているものの多くは、芦部先生の考え方を指しているため、本書は、足場を固めるのに最適な一冊です。

もっとも、現在の司法試験まで視野に入れると、この一冊だけでは不十分です。本書は、判例の分析や個別具体的な検討は薄いためです。また、本書は、「行間を読む」ことを求められるタイプの本であるため、芦部先生の見解についても、本書だけで理解することは困難でしょう。

したがって、ひとまず本書を読んだ後は、芦部信喜「憲法判例を読む」や、安西文雄他「憲法学読本」などを足掛かりに、ステップアップしていく必要があります。その後で本書に戻ってくると、また新たな発見があるでしょう。

「憲法」の評価は?

短答式対策において

非常に有益です。憲法の短答式試験では、判例学習の重要性高いですが、他方で、特に憲法総論や統治機構などでは理論的な事項に関する知識も問われています。このような理論的な問題については、本書の記載がほぼそのまま出題されている場合があります。そのため、本書を読んでおくと、安定した点数を取りやすくなるでしょう。

法科大学院入試対策において

できれば法科大学院入試よりも前に読んでおきたい本です。

本書は、事例問題を解くにあたって即効性がある本ではありませんが、本書を読んだうえで次の段階に進んでいれば、このレベルで求められる憲法の理解度は満たしていると考えられるため、法科大学院入試の対策も万全といえるでしょう。

他方で、試験までの残り時間がなく、とにかく答案を書けるようにしなければならないという状態の人は、本書よりも、木村草太「憲法の急所」や小山剛「憲法上の権利の作法」などで、答案の型を確認するとよいでしょう。

司法試験・予備試験対策において

司法試験・予備試験を受けるまでには、本書を読んでおくことは必須であるといえます。本書で土台を固めたうえで、より新しい議論や、個別具体的な議論を勉強するために、他の本に進んでいくのが王道でしょう。

また、公法系は、基本書で勉強したことと答案に書くこととの違いが大きいので、とくにしっかりと演習をやる必要があります。

これらのことからすると、本書はできるだけ早めに読んでおく必要がある本だといえるでしょう。

動画で解説!専門家が評価する「憲法」

あなたもレビューしませんか?

※先に「継続力」を理解する事が重要です。

難関な試験に合格する為には独学力を鍛えなくてはなりません。

司法試験の独学力.comでは、独学力を構成する「効率力」と「継続力」。特に独学で司法試験に合格する為の必須条件である「継続力」について解説しモチベーション向上を図ります。