野中俊彦他「憲法Ⅰ」の特徴と評価

憲法Ⅰ

「憲法Ⅰ」の特徴

本書は、いわゆる「4人組」と呼ばれている基本書です。憲法の基本書としては芦部先生の「憲法」が一番有名だと思いますが、本書は、芦部門下の先生方が協力して執筆されているので、芦部先生の「憲法」との整合性もとれており、むしろ、芦部憲法の行間を埋めてくれている印象です。

そのため、本書の方が芦部先生の「憲法」より文量も多くなっていますが(2分冊構成になっており、本書は人権分野を取り扱っています)、本書が一つの立場を打ち出すということはほとんどありません。

むしろ、本書はしがきに「日本国憲法の理解に役立つよう「主要な論点ごとの学説・判例の整理と問題点の解明」(初版はしがき)に全力を傾注した」(端書きより引用)とありますように、それぞれの条文、論点につき各学説を並べ、それぞれの論拠について解説しています。

客観的・中立的に書かれていますので、記述の信用性は高く、また、脚注で出典が明記されていているところも本書の信頼性を基礎づけています。多くの法科大学院で指定教科書となっていることからも、憲法学者の中での信頼度の高さがうかがえます。

これらの特徴を踏まえれば、本書は、伝統的通説を軸とした「共通理解」を丁寧に解説している基本書といえましょう。

通読することも十分に可能ではありますしおすすめですが、どちらかというと調べ物をしたいときに辞書的に使用している受験生の方が多い印象です。

とはいえ、憲法の基本書としては質・量ともに最高水準の基本書であることには違いなく、ぜひ手元に置いておきたい基本書のひとつといえます。

「憲法Ⅰ」の評価は?

短答式対策において

もっとも適している基本書のひとつと考えます。使用方法としては短答式試験の過去問を解く際に参照することとなりますが、議論の整理に最適といえましょう。時間を多く擁する作業となりますが、憲法の短答式試験対策としては本書を用いることが王道といえましょう。

なお、統治分野に関しては本書ではなく「憲法Ⅱ」の方に掲載されておりますが、憲法の基本書が総じて統治分野の記述が少なめになっていることを考慮すれば、「憲法Ⅱ」はより必要性が増すと考えます。

法科大学院入試対策において

適していると考えます。法科大学院入試に用いるにはやや情報過多である印象を覚えますが、その先にある司法試験までを見据えて本書を憲法学習のベースとする基本書として継続して使用しておくこともいいと思います。

司法試験・予備試験対策において

適していると考えます。芦部先生の「憲法」の副読書として、もしくは「憲法」を超えて本書をベースの1冊として使用することが想定されます。特に予備試験においては論文式試験において統治分野が過去に出題されていますので、本書と「憲法Ⅱ」の必要性は高まるでしょう。

あなたもレビューしませんか?

※先に「継続力」を理解する事が重要です。

難関な試験に合格する為には独学力を鍛えなくてはなりません。

司法試験の独学力.comでは、独学力を構成する「効率力」と「継続力」。特に独学で司法試験に合格する為の必須条件である「継続力」について解説しモチベーション向上を図ります。