笹田栄司「Law practice 憲法」の特徴と評価

Law Practice 憲法

「Law practice 憲法」の特徴

早稲田大学政治経済学術員教授の笹田栄司先生が執筆した憲法の学部生レベル程度の演習書で、商事法務のLaw practiceシリーズの一つです。同シリーズは学部生に論点とその考え方を伝える形の平易かつ短めの内容が多いですが本書もそういった形となっています。

ただ、京都大学内ではLaw practiceシリーズは評価が高い本もある中、本書はあまりお勧めされるものではなく、事案はほぼ判例というものも多く、判例や通説は教えてくれて、サクサクと読めるのですが本書を手に取る程度となっている頃の3、4回生であれば、あてはめがあまり充実していないこともあって「やや物足りない」という感想を持つ人もいると思われます。

演習書でありながら知識の解説面が多いです。教科書知識と事例問題の解答の仕方がすぐには結び付かず、乖離が最も激しい憲法において、法科大学院対策等に向けて答案はどう書けばよいのか、教科書的知識をどう答案に使っていくのかということはイマイチ見えてこない本です。

「Law practice 憲法」の評価は?

短答式対策において

あまり向いていません。

論述対策であり、判例の事案・判旨などは知れるのでその点が間接的に役に立つ部分もありますが、細かく分析がなされているわけでもありません。

法科大学院入試において

やや向いています。

学部生が最初に読んでステップアップのために消化していくレベルの本です。事例問題の考え方、そこで意識しなければならない判例や通説の知識はこれ、というところまでは教えてくれます。ただ、ロースクール入試レベルでは憲法では教科書的知識をどう答案に使えばよいのか、どうやって答案を書くのかというのが最大の難点であると思われるところ本書は解答例、答案構成の仕方を教えてくれる本ではないので、その点が大きなマイナスでしょう。

司法試験・予備試験対策において

あまり向いていません。

事例問題ベースなので司法試験類似といえなくもないですが、あまりにも判例そのままである事案も多く、判例を知るのには使えるのですが、司法試験向けの演習、思考訓練としては物足りないです。本書は原告・被告・自説といった司法試験向けの答案の公正の仕方などには触れていませんし、答案例もないので、時間内にどうやって考えどう書けばよい答案になるのかという訓練には全く向きません。

より司法試験に近い演習書としては小山剛他「判例から考える憲法」等があります。

あなたもレビューしませんか?

※先に「継続力」を理解する事が重要です。

難関な試験に合格する為には独学力を鍛えなくてはなりません。

司法試験の独学力.comでは、独学力を構成する「効率力」と「継続力」。特に独学で司法試験に合格する為の必須条件である「継続力」について解説しモチベーション向上を図ります。