駒村圭吾「憲法訴訟の現代的転回」の特徴と評価

憲法訴訟の現代的転回

本書は著者が法学セミナーにおいて連載していたものを一冊にまとめたものです。本書は主に司法試験受験生やロースクール生など試験勉強上級者を対象としたものであり、初心者向けのものではありません。

また内容も芦部憲法学・違憲審査基準を前提とした三段階審査論の展開など、最新の学会の展望についても触れられています。本書の内容がそのまま司法試験に直結するものかといわれれば必ずしもそうだとは言えませんが、本書の公務員の人権について解説した箇所はわかりやすく、目から鱗が落ちたと評する者もいます。

「憲法訴訟の現代的転回」の特徴

本書の構成は第一部において自由権の解説を行い、第二部では自由権以外の権利の解説、第三部ではその他重要論点についての補遺、第四部では憲法訴訟においての重要論点について解説しています。本書においてはほとんど事例問題が掲載されておらず、抽象的な議論が続く印象があります。この点を鑑み(司法試験において)実戦的でないと評する者もいますが、個々の解説は丁寧であり本書を熟読すればそれなりに憲法学の理解が進むと思われます。

もっとも本書の内容が司法試験に不可欠のものともいえないのも確かです。本書は一応三段階審査や芦辺憲法学について理解しているが、より深い憲法学の理解を得たいといった意識の高い学生等が手に取るべきでしょう。単に司法試験に受かりたいと考えている受験生には無用の長物ともいえます。

「憲法訴訟の現代的転回」の評価

本書は司法試験受験の観点からは必須のものとはいえませんが、説明は丁寧でありロースクールの授業に際して参考書として読んでみるといった使い方がちょうどいいと思います。ただ通読しただけでは内容量が多く、事例問題も少ないため頭に残りにくいので、授業該当箇所に限って集中的に読むことをおすすめします。

また本書の公務員の人権について述べた部分は、近年続出している重要判例の判断内容を丁寧に解説しており非常にわかりやすいです。この部分だけ読むだけでも本書を買った元は取れます。

以上のように本書は初学者には全くお勧めできませんが、ある程度学習の進んだ中級者以上がより深い理解を探求するために使用する分にはお勧め出来るものといえます。そうはいっても司法試験を受験する上ではややオーバースペックなので憲法に苦手意識がある方は「立憲主義と日本国憲法(高橋和之)」等のベーシックな基本書をまず熟読しましょう。

あなたもレビューしませんか?

※先に「継続力」を理解する事が重要です。

難関な試験に合格する為には独学力を鍛えなくてはなりません。

司法試験の独学力.comでは、独学力を構成する「効率力」と「継続力」。特に独学で司法試験に合格する為の必須条件である「継続力」について解説しモチベーション向上を図ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。