高橋和之「立憲主義と日本国憲法」の特徴と評価

立憲主義と日本国憲法

「立憲主義と日本国憲法」の特徴

本書は現明治大学法科大学院教授の高橋和之先生が書かれた憲法訴訟論に特化した基本書です。本書は司法試験本試験で問われる憲法訴訟論にフォーカスした内容となっており、芦辺先生の「憲法」では抽象的にしか理解できなかった方でも本書を使用することで具体的な理解が可能となっています。

新司法試験対策の他の競合書(「「憲法上の権利」の作法」等)が憲法訴訟論についてフォーカスしているものの基本書というには内容が偏っている中、本書は基本書として試験に必要な知識が最低限押さえられています。

本書は芦辺先生の「憲法」を補訂している著者が執筆していることもあり、人権論についての記述が厚く、人権論ばかり問われている新司法試験にぴったりの基本書といえます。一方で統治分野はあっさりとした記述にとどまっているので、同分野が頻出する予備対策としては他に百選などで補う必要があります。

利用する際の注意点としては所々独自説を採用している点があるので、受験対策として自説をしっかりと確立する必要があります。

「立憲主義と日本国憲法」の評価は?

短答式対策において

本書は人権論・統治論を一通り押さえているので本書を繰り返し通読すれば本試験・予備試験短答試験に必要な基礎知識は充分に押さえることが出来ます。もっとも判例については他の基本書同様記述が薄いので百選等で補う必要はあります。

法科大学院入試対策において

本書は「憲法の基本原理をできる限り易しく説明」することを目的に執筆されていることから、芦部先生の「憲法」では抽象的過ぎて憲法の全体像がわからない、人権論の具体的な理解が出来ないといった初学者に向いています。

また本書は基礎的な内容が主ですが、法科大学院入試に必要な知識は充分得られることから、本書の内容を一通り押さえれば入試対策としては充分です。

司法試験・予備試験対策において

本書は先述のように人権論について論理立てて丁寧に記述されており、人権論が頻出の本試験に必要な知識は本書で充分得られます。本試験問題を解きつつ、百選と本書を参照しながら復習すれば本試験対策は最低限押さえることが出来ます。

一方で予備試験で頻出の統治分野は独自色が強い印象なので本書だけで論文試験まで対応しようとするのはやや不安です。統治法分野に限っては他の書籍を参照し、判例・通説で自説を固めるのがよいでしょう。

もっとも統治法分野は出題されても深い学説の理解までは問われることはないので、本書一冊で基本書で得るべき知識はカバーできるます。従って本書は一冊で試験対策がとりうるバランスのよい基本書といえます。

あなたもレビューしませんか?

※先に「継続力」を理解する事が重要です。

難関な試験に合格する為には独学力を鍛えなくてはなりません。

司法試験の独学力.comでは、独学力を構成する「効率力」と「継続力」。特に独学で司法試験に合格する為の必須条件である「継続力」について解説しモチベーション向上を図ります。