長谷部恭男「憲法」の特徴と評価

憲法(長谷部)

「憲法」の特徴

本書は、早稲田大学大学院法務研究科教授の長谷部恭男先生が書かれた憲法の基本書です。非常に高い水準の議論が、とても読みやすく、わかりやすく書かれている一冊です。

「標準的な教科書に対するもう一つの(alternative)教科書となることを目指している」と著者自身が述べているように、本書は必ずしも通説・判例について、一般的な説明を与えることを目的とするものではありません。そのため、初学者が本書だけで憲法の学修をするのは危険だといえるでしょう。

しかし、標準的な教科書(例えば、芦部「憲法」など)よりも新しい視点が提供されており、本書を読むことで、判例・通説の一般的な説明をよりよく理解することができるため、一通りの学修を終えた人にとっては、非常に有益だと考えられます。

また、本書の議論は、自由自在に論拠を持ち出し、新しい視点を提示するものの、結論としては穏当なところに落ち着くことが多いように思われます。比喩的にいえば、本書の議論は、通説・判例に対する補足意見のような位置付けにあるといえるものでしょう。そのため、本書の説明は、論文式試験対策としても取り入れやすいと考えられます。

「憲法」の評価は?

短答式対策において

本書は、憲法の基本的な事項については一通り説明がされているため、短答式対策としても有益です。もっとも、短答式試験の対策としては、本書よりも、標準的な教科書を用いたほうが、問題の肢そのままの説明が書かれていることも多く、使いやすいと思われます。したがって、短答式試験対策のために、あえて本書を用意するのは得策ではないといえるでしょう。

法科大学院入試対策において

法科大学院入試対策としては、本書は非常に有益です。特に、各人権の保障根拠を解説している部分を読むと、論述の骨格がしっかりすると思われます。

法科大学院の受験生には、憲法は答案の型を身に着けるので精一杯で、個別の人権についてしっかりと理解できていないという人も多いと思います。本書は、各人権の保障根拠が丁寧に解説されているため、答案の型を身に付けた後、憲法で一歩リードしたい受験生におすすめできる内容の書籍だといえるでしょう。

司法試験・予備試験対策において

司法試験や予備試験の論文式試験においては、「私見」を書くことが求められています。本書は、この部分で威力を発揮すると考えられます。特に、本書において、各人権ごとの解説がされている部分は、通説・判例をベースにしつつも、一般的な説明とは違った切り口からの視点での記述もあり、私見に取り入れやすいものが多いと考えられます。

また、司法試験・予備試験の憲法では、判例の理解が重要になってくると考えられます。本書は、重要判例については、しっかりと解説がされているため、判例を読んだ後、その理解を整理したいという場合にも有益です。

これらのことから、本書は、司法試験・予備試験対策としても向いている基本書だといえるでしょう。

あなたもレビューしませんか?

※先に「継続力」を理解する事が重要です。

難関な試験に合格する為には独学力を鍛えなくてはなりません。

司法試験の独学力.comでは、独学力を構成する「効率力」と「継続力」。特に独学で司法試験に合格する為の必須条件である「継続力」について解説しモチベーション向上を図ります。