大橋洋一「行政法Ⅱ現代行政救済論」の特徴と評価

行政法Ⅱ現代行政救済論

「行政法Ⅱ現代行政救済論」の特徴

学習院大学教授(九州大学名誉教授)の大橋洋一氏が執筆した行政法(行政救済法)の教科書です。行政救済法分野では有名な教科書で、読みやすく、わかりやすい文章である点と、判例についてクエスチョンとその解答という方式で、個別法解釈までふまえた深い内容理解ができる点で、受験生に支持されています。

個別法の解釈にまで踏み込んでくれていて、かつ基本事項をある程度の分量を割いている教科書である点が本書の特徴で(櫻井先生・橋本先生の「行政法」よりも詳しいです。)、判例を理解し、事例問題をどのように考えていけばよいのかが学べる良書です。行政法は教科書と事例問題の乖離が激しいですが、その隙間を埋める足掛かりを作ってくれる本といえるでしょう。

原田大樹「例解行政法」等ほどに個別法を前面に押し出しているわけではなく、あくまでも普通の行政法の教科書の判例解説が丁寧で大変わかりやすいというものですので、好みを選ばず、多くの人に選ばれています。

「行政法Ⅱ現代行政救済論」の評価は?

短答式対策において

短答式対策として使えない本ではないですが、より知識と判例のみをひたすら押さえるならば、櫻井先生・橋本先生の「行政法」で十分だと思います。

法科大学院入試対策において

本書が向いています。

行政救済論の抗告訴訟の用い方や処分性、原告適格等の典型論点について、どのように事案を分析して、考えていくのか、そのメソッドがつかめるようになっています。

法科大学院対策の場合、本書を読み、判例集等で多くの判例を押さえていくのが基本になるのではないでしょうか。本書を足掛かりに、「事例研究行政法」等の演習書まで進むことができれば、行政法の事例問題対策はバッチリだと思います。

司法試験・予備試験対策において

予備試験・司法試験向けに使える本です。

しかし、司法試験の行政法は、誘導が丁寧で良問揃いであるとはいえ、事例問題での個別法解釈までできるようにならないといけません。新司法試験の問題演習、演習書等の使用で個別法と判例をひたすら学んでいくしかないと思います。

あなたもレビューしませんか?

※先に「継続力」を理解する事が重要です。

難関な試験に合格する為には独学力を鍛えなくてはなりません。

司法試験の独学力.comでは、独学力を構成する「効率力」と「継続力」。特に独学で司法試験に合格する為の必須条件である「継続力」について解説しモチベーション向上を図ります。