古江頼隆「事例演習刑事訴訟法」の特徴と評価

「事例演習刑事訴訟法」の特徴

同志社大学教授の古江頼隆先生による刑事訴訟法の演習書です。本書は、古江先生による東京大学法科大学院での講義内容がベースとなっています。古江先生は実務も経験なさっていますね。

本書を利用する際の注意点としては、「事例演習」と名付けられているにもかかわらず、アウトプットの練習をするための演習書としての用途にはあまり向いていないことです。簡潔な事例に対して、とてもハイレベルで充実した解説が付されているため、むしろ論文集に近い利用法になると思います。第2版になって、さらに厚くなりました。

本書の特徴は、教員とA君、Bさんの会話形式で、簡潔な事例に対して、充実した解説がなされているところです。ここに登場するA君とBさんは極めて優秀なようで、主要な学説・判例に言及しつつ、読者を深い理解に導いてくれます。

また、主要な論文へのリファレンスも充実しているので、興味のある方は、本書からさらにステップアップすることもできるでしょう。

受験生の目線から見ると、答案の書き方について、古江先生からのワンポイントアドバイスが掲載されているのも嬉しいですね。

「事例演習刑事訴訟法」の評価は?

短答式対策において

短答式試験対策という用途には、本書は全く向いていません。

本書は、刑事訴訟法について一通り学習済みの読者を対象に、その理解をさらに進めるための本だと考えるのが良いと思います。

法科大学院入試対策において

ごく一部のロースクールを除いて、法科大学院入試対策としては、本書はオーバースペックであると考えられます。法科大学院入試において、ここまでの理解が問われていることは少ないように思えます。

ただ、本書はもともと法科大学院2年次の学生向けの講義内容をもとに書かれています。刑事訴訟法が好き・得意という方は、本書まで理解することができれば、図抜けた存在になれるかもしれません。

司法試験・予備試験対策において

予備試験・司法試験の論文式試験においては、本書は有用であるといえます。本書に書いてあることを読んで理解できるようになれば、学生・受験生としては、特に優れた理解度に達しているといえるでしょう。

もっとも、本書はアウトプットの練習には向きません。その意味では、本書を「演習書」と捉えることには慎重になるべきでしょう。

むしろ、本書は、インプットの到達点という位置づけが適しているように思います。本書の内容は高度ですが、解説がとてもわかりやすく書かれているので、根気強く読んでいけば、独学であっても消化不良に陥ることはないでしょう。試験の直前期が到来する前に、ぜひとも読んでおきたい一冊です。

動画で解説!専門家が評価する「事例演習刑事訴訟法」

あなたもレビューしませんか?

※先に「継続力」を理解する事が重要です。

難関な試験に合格する為には独学力を鍛えなくてはなりません。

司法試験の独学力.comでは、独学力を構成する「効率力」と「継続力」。特に独学で司法試験に合格する為の必須条件である「継続力」について解説しモチベーション向上を図ります。