中央大学真法会「司法試験合格のための論証集&答案構成ノート」の特徴と評価

中央大学真法会「司法試験合格のための論証集&答案構成ノート」のサムネ画像です

「司法試験合格のための論証集&答案構成ノート」の特徴

本書は司法試験受験生を対象に、司法試験で合格答案を作成するために必要な論証集と答案の流れを押さえるための答案構成ノートが一冊にまとまったものです。

本書の対象は一通り基礎学習が終了し重要論点の記憶を定着させる、あるいは基礎学習の段階で理解が不足していた論点のチェックをするために用いるのが望ましいです。

本書は他の論証集よりも論証がコンパクトにまとまっており、かつ判例のポイントを的確に押さえています。論証パターンの暗記は有害だと言う先生方もいらっしゃいますが、限られた試験時間で論証をコンパクトに収めることができれば合格答案に一歩近づくことができます。

もっとも各科目で取り扱っている論証数は多いものではなく、物足りない印象を受けます。学習を進めていく上で必要だと感じた論証を余白などに追加していく等して補充しましょう。

答案構成ノートの行政法部分は訴訟類型毎に処理パターンを網羅しています。当該部分は受験新報で掲載された当時から話題を呼んだ部分であり、本書を完璧にすれば新司法試験の行政訴訟分野の知識は十分です。本書を読んだ後は実際に本試験の問題を解いてみましょう。

また巻末に掲載されている定義集は受験に必要なものが網羅されており、直前期でも刑法の構成要件部分は一読しておく価値があります。

「司法試験合格のための論証集&答案構成ノート」の評価は?

短答式対策において

本書は論文試験対策に特化したものであり、短答対策には全く向きません。

法科大学院入試対策において

法科大学院入試では典型的な重要論点や重要概念の定義・趣旨などについて問われることが多いです。本書の内容は重要論点や試験頻出論点に絞られており、論点抽出と本書の論証が一通りかけるようになれば法科大学院入試には十分対応できます。

司法試験・予備試験対策において

本書は前述の通り、扱っている論点の絶対数が少ないので本書だけでは不足の感は否めません。もっとも本書の各論証はコンパクトかつ要点を押さえた優良なものが多いので本書をベースに自分なりの論証集に改訂していく作業をするのも有意義です。

また応用論点や論点至上主義に陥り、重要概念の定義といった基礎部分が疎かになっている受験生も多いので、そういう方は本書巻末付録で定義等を復習しましょう。

あなたもレビューしませんか?

※先に「継続力」を理解する事が重要です。

難関な試験に合格する為には独学力を鍛えなくてはなりません。

司法試験の独学力.comでは、独学力を構成する「効率力」と「継続力」。特に独学で司法試験に合格する為の必須条件である「継続力」について解説しモチベーション向上を図ります。