山口厚「刑法総論」の特徴と評価

山口厚「刑法総論第3版」サムネ画像

「刑法総論」の特徴

刑法学の権威・山口厚先生の書かれた刑法総論の基本書です。山口厚「刑法」(通称青本)が司法試験受験生向けに教科書として書かれたのに対して、本書は山口先生の「体系書」です。現代の結果無(反)価値の到達点を示した最高位の書籍といえます。

結果反価値で理論的に極めたい方は一度読んで見ても良いかもしれません。分量自体は400頁に満たず、一般の刑法総論の書籍に比べ多くはありませんが、その議論の高度さは群を抜いています。

「刑法総論」の評価は?

短答式対策において

本書を読みこなすことができれば、短答式試験に必要な知識は網羅できますが、学説の議論に傾斜しすぎの感は否めません。山口刑法の体系に則って短答式対策の進めたい場合には、山口厚「刑法」(=青本)を通読することを推奨します。

法科大学院入試対策において

法科大学院入試対策としては不要です。山口先生の議論は極めて理論的に高度で、忠実に再現することができれば高得点を狙うことができるかもしれませんが、基礎的な力を試す法科大学院入試において、山口先生の高度な学説を採用するのではなく、判例・通説の考え方をおさえることに重点を置いてください。

もっとも、本書でも判例・通説にもしっかりと言及されておりますので、その点を意識し、判例集等も併用して読みこなすことができれば、刑法を得意科目とすることができるかもしれません。

司法試験・予備試験対策において

司法試験・予備試験対策としても、本書は情報多寡であるといえるでしょう。基礎的な知識として山口先生の学説を知っておくということは無益ではありませんが、時間的制約の厳しい司法試験・予備試験において、判例・通説に言及した上で、山口先生の学説を採用することは極めて難しいといえます。

司法試験・予備試験対策として本書を用いるのであれば、山口厚『青本』をベースとして、議論をより深めたい場所、他の参考文献の該当ベージが調べたい場合などに参照するなど辞書としての使い方がベストだといえます。

あなたもレビューしませんか?

※先に「継続力」を理解する事が重要です。

難関な試験に合格する為には独学力を鍛えなくてはなりません。

司法試験の独学力.comでは、独学力を構成する「効率力」と「継続力」。特に独学で司法試験に合格する為の必須条件である「継続力」について解説しモチベーション向上を図ります。