今井猛嘉他「リーガルクエスト 刑法総論」の特徴と評価

今井猛嘉他「刑法総論」のサムネ画像です。

法政大学の今井猛嘉教授、立教大学の小林賢太郎教授、故・島田聡一郎教授、橋爪隆教授という東京系の学者により執筆された刑法の基本書で、リーガルクエストシリーズのひとつです。内容は同シリーズらしくオーソドックスで判例、学説が並べられ、基本を押さえていく形となっています。

刑法総論では厳しく批判される教科書も多い中、使っても大丈夫な教科書として紹介される一冊です。特に島田聡一郎教授執筆の「共犯」の部分は秀逸で、他の教科書の使用者でも一読を勧められるものとなっています。

「リーガルクエスト 刑法総論」の特徴

初学者向けとまではいえず、一通り刑法総論についての講義を受けたぐらいの段階で読むことができれば内容が理解でき、それなりに詳しい論点も扱っているので、学習の助けになるような本です。

オーソドックスな線は押さえつつも、この本が採用する学説を一貫させるとどうなっていくのかということまでしっかり書かれているので、論理一貫した答案作成ができるようになります。

「リーガルクエスト 刑法総論」の評価は?

短答式対策において

やや向いている。

短答式刑法では判例と、考え方が聞かれる問題が多いですが、本書では後者の考え方部分は基本的にマスターできると思います。細かく判例を拾いきるタイプの本ではないので、そういった部分は判例集等で補う必要が出てくるでしょう。

法科大学院入試対策において

向いている。

論点は基本的に拾っているので、教科書としての役割は果たしています。

ただ、一般論として刑法は教科書と事例問題が若干乖離していることもあり、独学者としては「刑法の答案」を書けるようになるために、ロジックは本書等で押さえつつ、安田拓人他「刑法事例演習教材」島田聡一郎他「事例から刑法を考える」などで答案で書かなければならないこと、構成の仕方などを学ぶことが有用だと思います。

司法試験・予備試験対策の場合

向いている。

刑法では判例がない部分などで学説等を参考に論理一貫して説明していくことが求められる場面もあるので、信頼できる一貫した内容の書かれた本書は役に立つと思います。論点についてはしっかり深められており、そのレベルまで到達できていれば刑法の考え方が身についているといえるでしょう。

「判例・裁判例を数多く押さえ、判例よりの論証パターンを作っておいて試験に対応したい」と考える方は本書ではなく大塚裕史他「基本刑法Ⅰ・」などのシリーズを用いる方がより向いているでしょう。

あなたもレビューしませんか?

※先に「継続力」を理解する事が重要です。

難関な試験に合格する為には独学力を鍛えなくてはなりません。

司法試験の独学力.comでは、独学力を構成する「効率力」と「継続力」。特に独学で司法試験に合格する為の必須条件である「継続力」について解説しモチベーション向上を図ります。