山口厚「刑法」の特徴と評価

山口厚「刑法第3版」サムネ

早稲田大学教授の山口厚先生が書かれた刑法の基本書です。同じ著者の基本書としては「刑法総論」「刑法各論」がありますが、これらと比較した本書の特徴は、山口先生の視点から、通説・判例の考え方が一冊にまとめられていることです。

本書は、初学者の方が、独学で刑法の概観を把握するための本としておすすめできます。また、総論・各論が一冊にまとまっており、かつ信頼のおける内容であるため、上級者が試験前の復習に使うための本としてもおすすめです。

山口厚「刑法」の特徴

記述が通説・判例ベースでなされており、試験向きの基本書としては決定版といえるでしょう。いくつか山口説への誘導がなされているであろう箇所がありますが、これらも通説・判例の理解のために必要な限度にとどめられており、初学者への配慮がうかがえます。

また、本書は、脚注に鋭い記述が多いため、上級者にとっても得るものが大きい基本書だと思います。利用する際の注意点としては、総論・各論の内容を一冊に詰め込んでいるため、行間を読む必要があることです。本書を読むことだけで合格レベルに達するのは困難かもしれません。本書は、学習が進んだ後に戻ってくることで、新たな気づきを得られる基本書だと思います。紙幅の関係でしょうが、紹介されている判例の数は多いものの、判旨の紹介はほとんどありません。そのため、判例集との併用が必須でしょう。

山口厚「刑法」の評価は?

短答式対策において

本書は、一冊の中で刑法の全分野を網羅しており、判例の紹介も多いため、短答式試験対策用としては最適な基本書といえます。本書と過去問をやっておけば、刑法の短答式試験対策としては必要十分でしょう。

法科大学院入試において

本書は、もともと「法科大学院の法学未修者として、あるいは法学部において、これから本格的に刑法を学び始めようとする者を主として念頭においた刑法の教科書」(初版はしがきより)とされています。法科大学院入学前に押さえておくべき内容については十分な記載があるといえるため、本書の内容を一通り押さえておけば、法科大学院入試対策としては必要十分だと考えられます。

司法試験・予備試験において

一貫した視点から通説・判例の考え方が一通り紹介されているため、本書は、司法試験・予備試験の論文式試験対策としても有益だといえます。一冊にまとまっているため、理由付けがコンパクトにとどまっているのも嬉しいポイントです。

もっとも、判旨の紹介がほとんどないため、事案分析の力をつけるために、判例集との併用は必須でしょう。また、難しい解釈問題については、結論が明確には示されていない部分があるため、本書の他にリサーチが必要なこともあります。とはいえ、行間を読むことができるのであれば、本書は上級者にとっても充実した内容を備えているので、拠って立つための本としておすすめできます。

動画で解説!専門家が評価する「刑法」

まとめ

総じて、本書は、学習者からみて非常にバランスのよいものに仕上がっており、独学用とするにしても、講義との併用にするにしても、使う価値のある基本書でしょう。初学者から上級者まで、あらゆる人におすすめできる基本書だといえます。

あなたもレビューしませんか?

※先に「継続力」を理解する事が重要です。

難関な試験に合格する為には独学力を鍛えなくてはなりません。

司法試験の独学力.comでは、独学力を構成する「効率力」と「継続力」。特に独学で司法試験に合格する為の必須条件である「継続力」について解説しモチベーション向上を図ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。