今井猛嘉他「リーガルクエスト 刑法各論」の特徴と評価

リーガルクエスト 刑法各論のサムネ画像です

「リーガルクエスト 刑法各論」の特徴

法政大学の今井猛嘉教授,立教大学の小林賢太郎教授,故・島田聡一郎教授,橋爪隆教授という東京系の学者により執筆された刑法の基本書で,リーガルクエストシリーズのひとつです。内容は同シリーズらしくオーソドックスで基本的には判例,学説が並べられ,基本を押さえていく形となっていますが,最終的には推す説が述べられたうえでその説からはどのように帰結が導かれるのかという方向の記述も多く,一貫した論述もできるように配慮されています。

演習書との対応では著者のうち小林・島田教授が重なる「事例から刑法を考える」と相性がよく,例えば島田教授執筆の放火部分などは内容も重なっており統一的理解がしやすいでしょう。西田典之先生の「刑法各論」や大塚裕史先生らの「基本刑法Ⅱ各論」などのように条文は載せられてはいないのでその点は不親切かもしれません。教科書系統の本ですので,リサーチなどにはあまり向かないでしょう。

内容としては非常に読みやすく,深めることもできる良書といえます。

島田教授執筆部分は流石で定評があります。小林教授執筆部分はやや好みが分かれますが,本書は総じて評価も良く,判例・論点等も一通り触れられています。論点については推す説を説明したうえで,深め,一貫した論証がされていく形ですが,そういった本のわりにはかなり読みやすいため,使い勝手は良いです。

「事例から刑法を考える」等を併せ読みつつ著者らの深い考察にも耳を傾けて,答案に論理一貫性を求めて書いていくことで得点を狙っていくのに大変お勧めできる本です。

論点,判例の考え方と答案の書き方をまずは押さえたいという願望が強い方には「基本刑法Ⅱ各論」の方がお勧めです。

「リーガルクエスト 刑法各論」の評価は?

短答式対策において

やや向いているといえます。

短答式の考えるタイプの問題や典型問題の多くには対応できます。ただ,あまり論述式で出てこない細かい条文理解を問う問題,判例・裁判例を聞いてくるケースなどに対応するためには短答式対策はを個に行う必要はあるでしょう。

法科大学院入試対策において

向いています。

典型論点はきちんとカバーできているため,十分に対応できます。2012年出版なので最新の判例・裁判例は重要判例解説や判例セレクト等で少し補った方がよいでしょう。

司法試験・予備試験対策において

向いています。

本書の良さである一貫した論述と深め方を学ぶことは,論述対策にかなり役に立ちます。このリーガルクエストシリーズと「事例から刑法を考える」とで論点発見能力を鍛えつつ一貫した論証を目指せば,かなりの実力がつくはずです。

各論分野での論点,判例の網羅性に不安がある方は「基本刑法Ⅱ各論」で論点を総ざらいしておくと,不安もなくなるでしょう。

 

あなたもレビューしませんか?

※先に「継続力」を理解する事が重要です。

難関な試験に合格する為には独学力を鍛えなくてはなりません。

司法試験の独学力.comでは、独学力を構成する「効率力」と「継続力」。特に独学で司法試験に合格する為の必須条件である「継続力」について解説しモチベーション向上を図ります。