大塚裕史他「基本刑法Ⅰ総論」の特徴と評価

基本刑法Ⅰ総論のサムネ画像です

「基本刑法Ⅰ総論」の特徴

本書の特徴は、2つあります。まず一つ目が、「判例実務」の視点からの解説です。刑法では、学説の対立が数多くあります。このため、基本書では著者の自説を解説に終始している面が強く、判例を学びづらい傾向にあります。

しかし、「基本刑法Ⅰ 総論」では、判例実務から解説をされており、判例を中心とした学習をすることができます。また、書籍の帯にあるように、司法試験までこれ1冊で大丈夫だと思われます。必要十分な情報量が記載されています。

2つ目の特徴が、豊富なケースメソッドにあります。論点等の解説に入る前に、必ず事例問題があり、それを使いつつ解説していくという構成になっています。このため、何がどこで議論になるのかを具体的にイメージできる状況で、読み進めていくことが可能です。また、事例問題のあてはめもきちんとなされています。

そして、基本書とは思えないほど、解説がわかりやすいです。このため、刑法が苦手な人にもお勧めすることができます。さらに、コラムでは、答案の書き方や、ポイントが指摘されています。もはやここまでくると、基本書というよりも、教授陣が書いた予備校本といっても過言ではないです。

「基本刑法Ⅰ総論」の評価は?

短答式対策において

この書籍1冊で、短答式試験も乗り越えることは十分可能です。刑罰論や罪数についても多くの紙面を割き、解説がなされています。判例への言及も豊富です。

法科大学院入試対策において

初学者にも読みやすい文章となっています。このため、法科大学院入試に向けても使用することができると思います。

司法試験・予備試験対策において

この書籍1冊で、司法試験・予備試験を突破することは可能です。確かに、刑法が得意な人や、新しい発見を求めている人には物足りないと思います。しかし、試験を突破するという観点から考えると、この書籍には必要十分な情報量があります。また、答案でそのまま使えるような規範、理由づけもあります。

動画で解説!専門家が評価する「基本刑法Ⅰ総論」

あなたもレビューしませんか?

※先に「継続力」を理解する事が重要です。

難関な試験に合格する為には独学力を鍛えなくてはなりません。

司法試験の独学力.comでは、独学力を構成する「効率力」と「継続力」。特に独学で司法試験に合格する為の必須条件である「継続力」について解説しモチベーション向上を図ります。