松尾浩也他編「実例刑事訴訟法Ⅱ」の特徴と評価

松尾浩也ほか編「実例刑事訴訟法Ⅱ」のサムネ画像です

「実例刑事訴訟法Ⅱ」の特徴

本書は、実務上重要な問題について、実務的な観点から踏み込んだ説明がなされている書籍です。著者の先生方は実務家であり、条文・判例ベースの記述がほとんどですが、必要な限りで学説にも言及されています。

試験対策としてはややオーバースペックですが、過度に学術的な部分はなく、方向性としては試験にも一致しているので、上位を狙うハイレベルな受験生におすすめです。なお、新実例刑事訴訟法から全面改訂がなされ、書名が「実例刑事訴訟法」となりました。

本書の形式として、各節の冒頭に事例問題が付されていますが、本書はその問題への解答を与えるにとどまらず、関連する事項についても詳細に解説しています。

そのため、利用方法としては、演習書として問題を解いていくよりも、わからない問題を調べるために使うのがよいでしょう。困ったときに本書を手に取ってみると、何らかの解答が得られると思います。

本書は、司法修習生には必携の書籍といわれていますが、司法試験の受験生にとっても有用です。かなりレベルが高いので、司法試験に必須のものとまではいえないでしょうが、読みこなせるようになれば心強い書籍だといえるでしょう。

「実例刑事訴訟法Ⅱ」の評価は?

短答式対策において

本書は、重要な問題に対し踏み込んだ検討を加えるタイプの書籍ですので、短答式試験の対策に用いるには不向きです。

本書を読み込むような受験生であれば、結果として短答式試験で高得点が取れることはありえると思いますが、短答対策として用いるには本書はオーバースペックなので、別の本を用いるようにするのがよいでしょう。

法科大学院入試対策において

本書のレベルに至っていれば、法科大学院入試では無敵だと思われます。もっとも、法科大学院入試の対策としては本書は明らかにオーバースペックなので、よほど刑訴が好きだという人以外は、この段階で、本書を手に取る必要はないものと思われます。

司法試験・予備試験対策において

刑事訴訟法で一定以上のレベルの答案を書けるレベルの人であれば、本書は極めて有益でしょう。他方で、刑訴に自信がないという人には向かないと思われます。本書は、刑訴が好きであり、かつ既に答案も書ける人が、より刑訴を得意にしたいときに読むべき本だといえるでしょう。

実務的な観点から説明がされているので、本書の記述から考えていけば、司法試験・予備試験で大きく外すことはないと思われます。また、解説の水準は非常に高いため、力のある読者にとっても得るものの大きい書籍です。そのため、本書は、さらに刑訴について探求したいという受験生が読むのには最適の書籍といえるでしょう。

あなたもレビューしませんか?

※先に「継続力」を理解する事が重要です。

難関な試験に合格する為には独学力を鍛えなくてはなりません。

司法試験の独学力.comでは、独学力を構成する「効率力」と「継続力」。特に独学で司法試験に合格する為の必須条件である「継続力」について解説しモチベーション向上を図ります。