宇藤崇他「リーガルクエスト 刑事訴訟法」の特徴と評価

「リーガルクエスト 刑事訴訟法」の特徴

神戸大学の宇藤崇教授、大阪大学の松田岳士教授、京都大学の堀江慎司教授らの共著の刑事訴訟法の基本書です。リーガルクエストシリーズの一つで、同シリーズの中でも人気の一冊で、刑訴のスタンダードな教科書と言ってよいと思います。

内容はわかりやすく、判例・主要学説がきちんと紹介されていて、基本は手堅いです。特に堀江教授の執筆部分(特に証拠法)は、読みやすく、評価も高いです。そして、コラムの内容の充実ぶりが素敵で、論文レベルの発展的内容を(ただの読み物、コーヒーブレイクのような内容でなく)学習に必要なレベルにして書いてくれていることが多いです(例えば、伝聞の犯行計画メモの証拠能力のコラムは、かなりわかりやすく事例ごとに整理されており、学習が進んでいる人にはその価値がわかると思います)。

本書の他の特徴としては、重要判例が、重要部分の引用のみではなく【事実】と【要旨】等百選のような形で引用されており、その判例の判示・問題点を探るという方式が取られている点が挙げられます。簡単な引用で済まされていないので内容をきちんと理解できると思います。

京都大学の学生であれば、教科書指定されていますし、堀江教授の執筆部分と授業との対応性がかなり高いです(しかも捜査や証拠法等重要部分を書いてくれています)。そのため、授業の復習、理解の促進に大変役に立つと思います。

「リーガルクエスト 刑事訴訟法」の評価は?

短答式対策において

本書のみで短答式で高得点を狙うというような本ではないです。

重要判例をしっかり見るという形式上、判例・裁判例についてはやや網羅性を欠くので、短答式向けにも判例・裁判例は判例集等で補っておいた方が良いと思います。条文はある程度拾ってくれており、手続の流れ(公判前整理手続等も含む)等にも触れてくれていますので、大方の流れはつかむことができると思います。

法科大学院入試対策において

法科大学院入試レベルには、本書と古江頼隆「事例演習刑事訴訟法」を読み込んでおけば十分なレベルに達することができると思います。本書ではケースが用いられていないので、重要論点の把握と事例問題への対応力について「事例演習刑事訴訟法」できちんと補っておけば、法科大学院入試で困ることはなさそうです。

司法試験・予備試験対策において

司法試験・予備試験対策においても、本書+「事例演習刑事訴訟法」を用いる受験生が多いと思われ、これらが基本になると思います。ただ、これらだけですと、こなす判例の数が少ないため、「ケースブック刑事訴訟法」や判例百選等で判例の数、理解を深めておいた方がより判例類似事案への対応力が高まると思います。

また、本書出版から時間が経ち、近年、重要判例・裁判例が追加されていますので、重要判例解説や判例セレクト等を通じて判例を押さえておくことをお勧めしたいです(実際、平成28年司法試験でそういった新しい判例知識が問われています)。

あなたもレビューしませんか?

※先に「継続力」を理解する事が重要です。

難関な試験に合格する為には独学力を鍛えなくてはなりません。

司法試験の独学力.comでは、独学力を構成する「効率力」と「継続力」。特に独学で司法試験に合格する為の必須条件である「継続力」について解説しモチベーション向上を図ります。