池田修他「刑事訴訟法講義」の特徴と評価

刑事訴訟法講義のサムネ画像です

「刑事訴訟法講義」の特徴

刑事訴訟法の分野を基礎から記載されている基本書です。実務家と理論家との共著であるため、理論だけではない理解ができるようになっています。

本の厚さはありますが、判例実務に沿って平易な文章で記載され、具体例なども紹介されているためとても読みやすく、厚さの割にはどんどん読み進められるかと思われます。中身は、図表も使用され2色刷りになっており、とても見やすいです。

「刑事訴訟法講義」の評価は?

短答式対策において

刑事訴訟法は、現在では予備試験でのみ、短答式での出題があります。短答では、条文知識、判例知識などが問われます。本書は、判例を中心に解説されているため、短答式対策にもなります。しかし、短答式のみを意識した場合には分量としてやりすぎになってしまいそうです。

対策としては、過去問集をこなすのに合わせて、理解できないところを読むというような使い方がいいかと思われます。

法科大学院入試対策において

入試問題の解答としては、理論面をたくさん書くというよりも、判例を意識し実務の運用に沿った処理をするような文章を記載することが必要ではないかと考えられます。本書は、判例実務ベースで記載され、図表もあり理解しやすいため、法科大学院対策として相応しいものと考えられます。

司法試験・予備試験対策において

司法試験、予備試験では、論文式の解答として理論を長く書くというよりも、規範は短く書き、当てはめを充実させることが求められているようです。刑事訴訟法の基本書では、学説を中心に記載されているものも多いですが、本書は判例実務をベースに書かれているため、試験対策として最適な基本書であるといえます。

また、試験では伝聞法則が頻繁に問われますが、具体例や判例を紹介しながら、初学者にもわかりやすく記載されているため、本書で頻出分野である伝聞法則をまとめてしまえば試験対策として心配ないでしょう。

予備試験では、未出の問題が出ることもありますが、例えば、裁判員制度についての記述も整理されているため、比較的新しい制度についても、対策ができるため受験対策として利用しやすいものと思われます。本書で学習した内容を踏まえ、過去問集などで問題演習をこなしていけば、受験対策として万全ではないでしょうか。

あなたもレビューしませんか?

※先に「継続力」を理解する事が重要です。

難関な試験に合格する為には独学力を鍛えなくてはなりません。

司法試験の独学力.comでは、独学力を構成する「効率力」と「継続力」。特に独学で司法試験に合格する為の必須条件である「継続力」について解説しモチベーション向上を図ります。