上口裕「刑事訴訟法」の特徴と評価

上口裕「刑事訴訟法」のサムネ画像です

上口裕「刑事訴訟法」の特徴

本書は南山大学法科大学院の上口裕教授が執筆した刑事訴訟法の基本書となります。はしがきにもあるように、法曹を目指すロー生などを対象に執筆されており、内容は通説・判例で統一されています。著者の独自説についての記載は皆無であり、初学者が刑事訴訟法の学習を始めるにあたりまず初めに読むべき基本書と言えるでしょう。

本書は近年司法試験界隈でシェアを伸ばしています。その理由としては内容が判例・通説に徹しており、試験学習をする上で無駄がないというのが大きいと思います。司法試験に置ける刑事訴訟法は、深い学説の理解を問うような問題はあまり出題されず、重要判例・基本的な学説を前提として当該事案をどのように処理するかを問われます。

司法試験対策としては判例の立場をベースに時々学説よりの考えをとる、というような受験生が多いと思いますが本書はそのような受験生にぴったりな基本書と言えます。

本書の内容は前述のように判例・通説をベースに著者の独自色は極力抑えられています。この点は書いている内容が無味乾燥で面白みがない、学術的な深みがないという人もいますが、個人的な感想としては平易な文章でわかりやすく判例・通説の考えを解説されており本書の魅力だと感じます。

特に司法試験に頻出の証拠法・訴因分野の記述はわかりやすく、同分野の学習には最も適した基本書と言えるでしょう。

上口裕「刑事訴訟法」の評価は?

短答式対策において

予備試験短答の刑事訴訟法からは刑事訴訟手続や主要な判例・学説から出題されています。本書は前述のように判例・学説ベースなので、本書一冊で短答に必要な知識は必要十分に得ることができます。本書を数回通読すれば短答用のインプットは十分でしょう。

法科大学院入試対策において

法科大学院入試では基本事項の意義や簡単な事例問題が出題されますが、内容はどれも判例とほとんど同じ事案など易しい問題が主です。本書を難なく読み込める程度に学習が進めば法科大学院入試も怖いもの無しです。

司法試験・予備試験対策において

司法試験では長文の事例問題について、主に捜査法・証拠法分野から出題されます。特に司法試験では重要判例をベースとしているものの、事例が絶妙に異なっており、判例との違いを考えさせる問題が出題される傾向にあるようです。

本書一冊だけではこのような深いところまで判例を学習することは難しいので、別途百選や演習書で補充する必要があります。そうはいっても本書は判例・通説をベースにしているので、司法試験に必要な重要判例の理解をするに適した基本書であることには違いありません。

あなたもレビューしませんか?

※先に「継続力」を理解する事が重要です。

難関な試験に合格する為には独学力を鍛えなくてはなりません。

司法試験の独学力.comでは、独学力を構成する「効率力」と「継続力」。特に独学で司法試験に合格する為の必須条件である「継続力」について解説しモチベーション向上を図ります。