酒巻匡「刑事訴訟法」の特徴と評価

刑事訴訟法のサムネ画像です

「刑事訴訟法」の特徴

本書は、酒巻匡先生の手による基本書です。刑事訴訟法では、現時点で最も有力な基本書の一つに数えられるでしょう。本書のもととなったのは法学教室の「刑事手続法を学ぶ」という連載ですが、大幅な加筆がなされているため、本書は、単なる連載の書籍化にとどまるものではありません。目次の章立ても体系化されており、本格的な基本書といえるでしょう。

刑事訴訟法の基本書としては、リーガルクエストが有力でした。リーガルクエストと比較した本書の特徴は、単著であることにあります。一貫した体系で刑事訴訟法の全体を理解することができるので、頭の整理に向いています。

他方で、酒巻先生ご自身が、判例と違う見解(または一般的なものとは異なる判例の解釈)を採られることもあるので、通説・判例以外の見解と距離を置きたいという受験生にとっては、やや注意が必要な書籍かもしれません。しかし、酒巻先生が他説を批判する際には、批判対象の内容を明らかにし、問題点を指摘したうえで明確に批判するので、読んでいて混乱することがありません。むしろ、読むことでより理解が進むでしょう。

本書は、刑事訴訟法の基本書としては分厚い部類に入ると思いますが、内容は通読向きだと思われます。本文において、体系的に一貫した説明がなされているので、冒頭から読んでいけば、刑事訴訟法につき一通りの理解が得られるように作られているからです。刑事訴訟法の勉強が進んだ人が、頭の整理のために、本文を一気に読むといった使い方が効果的でしょう。

「刑事訴訟法」の評価は?

短答式対策において

刑事訴訟法全体について、丁寧な解説がなされているため、本書は短答式試験対策としても有益です。過去問を解き、わからないところを本書で確認するといった使い方をすれば、短答式対策としては十分だと思われます。

法科大学院入試対策において

法科大学院入試対策としても、本書は非常に有益です。法科大学院入試に向けては、本書と百選があれば、インプット用の教材は十分だと考えられます。これらを読み進めつつ、入試の過去問等を解いてみると、良い勉強になるでしょう。

司法試験・予備試験対策において

本書は、短答式試験対策や法科大学院入試対策としても極めて有益ですが、最も威力を発揮するのは司法試験・予備試験の論文式試験対策においてでしょう。

司法試験・予備試験の論文式試験を受験するレベルであれば、刑事訴訟法の一通りの論点につき、少なくともある程度知っている状態にはあると思われます。本書は、それらの論点相互間につながりを与えてくれるので、体系的理解に資するでしょう。

また、判例の分析も詳しく、どこで、どのように解釈がわかれうるのかを明確にできるなど、さらに学修の進んだ人が読んでも得るものが大きいと思われます。本試験向けの基本書としては、本書が決定版であるといっても過言ではないでしょう。

あなたもレビューしませんか?

※先に「継続力」を理解する事が重要です。

難関な試験に合格する為には独学力を鍛えなくてはなりません。

司法試験の独学力.comでは、独学力を構成する「効率力」と「継続力」。特に独学で司法試験に合格する為の必須条件である「継続力」について解説しモチベーション向上を図ります。