前田雅英「刑事訴訟実務の基礎」の特徴と評価

前田雅英「刑事訴訟実務の基礎」サムネ

法科大学院における「刑事訴訟実務の基礎」の講義用の作成された基本書です。しかし、予備試験が行われるようになったことを踏まえ、改版される際に解説篇部分がより充実するにいたりました。

「刑事訴訟実務の基礎」の特徴

本書で使用されている事案は過去の司法研修所の教材を参考としており、1つの事件が生じてから裁判が終結するまでの一連の流れを把握することができる優れた教材であるといえます。したがって、裁判実務として公判部分を軸としてはいるものの、捜査に関するテーマも組み込まれています。

また、記録篇には事案における公判記録が数多く記載されていることから、文書を作成するという作業を学ぶうえでも極めて参考になる教材といえるでしょう。解説篇においても、文書作成という点からの解説が付されている点も参考になります。

「刑事訴訟実務の基礎」の使用方法

本書は、法科大学院で使用することを念頭に置かれていることから全15講の構成となっています。まずは、記録篇記載の事件の経過から事件の流れをストーリーに沿って概観したうえで、参考事件記録を読み解いていくこととなるでしょう。

その際には、事件の経過には現実の記録には表れない法曹実務家の活動が描かれている場面があるので、これが手続きの経過を把握する助けになります。そして、参考事件記録を読み込んだうえで、改めて事件の経過を追いかけながら解説篇の説明を読み進めることで、より一層の理解につながることとなるでしょう。

『刑事訴訟実務の基礎』の評価とは?

上述にもあるとおり、1つの事件が生じてから裁判が終結するまでのすべてが描かれていることから、刑事事件の全体像を把握するのに最適です。そして、記録篇を読み込むことで、各処分がどのような意図で行われたかについても把握することができます(例えば、本件では勾留延長が行われているが、どのような経緯があったから当該処分が行われたについても、事件記録を読み込めば理解することができるのです。)。

2冊構成となっていることから解説篇も充実しており、独学で刑事訴訟実務を学習するにも適しているといえます。また、事件記録が数多く記載されていることから、文書作成において1つの「見本」とすることができるのはありがたいポイントです。

実務系科目の学習においては、第一に手続きの流れを把握できていないと、処分がなぜ行われたかを理解することもできません。また、実体法の学習のみでは、実務上の文書作成の「作法」を学ぶこともできません。本書は、これらの学習において、法科大学院の講義用教材として作成されたとはいえども、独学用教材として有用であるといえましょう。

あなたもレビューしませんか?

※先に「継続力」を理解する事が重要です。

難関な試験に合格する為には独学力を鍛えなくてはなりません。

司法試験の独学力.comでは、独学力を構成する「効率力」と「継続力」。特に独学で司法試験に合格する為の必須条件である「継続力」について解説しモチベーション向上を図ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。