弥永真生「リーガルマインド会社法」の特徴と評価

弥永真生「リーガルマインド会社法」サムネ画像

「リーガルマインド会社法」の特徴

筑波大学の弥永真生教授が執筆された会社法の基本書です。内容・量はふつう程度(伊藤靖史他「リーガルクエスト 会社法」と同程度の厚さ)です。会社法平成26年改正に対応しており、神田秀樹「会社法」と同じく改定が頻繁に行われているのが特徴です。定義がかなりしっかりしており、また読みやすく、理由づけがしっかりなされています。

論証パターンも作りやすいです。一部独自説がありますが基本的に判例・通説によっています。基本原理が最初に示され、それが様々な場面で通底されていることも示してくれており、体系的理解にも役に立ちます。

受験生の間では、神田秀樹「会社法」「リーガルクエスト 会社法」の方がより人気ですが、本書も読みやすく、使いやすいと思います。「リーガルクエスト 会社法」はケース等も用いて判例の紹介が手厚い印象ですが、本書は定義を示す丁寧さと、会社法の基本原理の通底を理解するということ目指す姿勢が特徴でしょう。

「リーガルマインド会社法」の評価は?

短答式対策において

向いています。

わかりやすく、基本的な内容は押さえてくれるので役に立つと思います。細かい条文理解で点が伸び悩んでいる人は択一六法のような本で条文を追っていくのがおすすめです。

法科大学院入試対策において

向いています。

基本的な内容理解をさせてくれる本なので向いています。「リーガルクエスト 会社法」と比べると本書にやや足りないのは、事例問題での会社法の基本知識の使い方です。判例集で問題となった事項を把握したり、「Law practice 会社法」などで、頻出の取締役会・株主総会系統や株式の発行等について、論点発見能力を養っておくことが有用です。

司法試験・予備試験対策において

向いています。

きちんと定義を知り、基本事項を押さえてくれる本ですので、基本書として十分なレベルです。定義からきちんと考える、背景にある原理はどれかという思考法は、初見の問題に向き合う際にはかなり役に立つと思いますので、使って損はない本だと思います。

あなたもレビューしませんか?

※先に「継続力」を理解する事が重要です。

難関な試験に合格する為には独学力を鍛えなくてはなりません。

司法試験の独学力.comでは、独学力を構成する「効率力」と「継続力」。特に独学で司法試験に合格する為の必須条件である「継続力」について解説しモチベーション向上を図ります。