辰巳法律研究所「条文・判例本 民事系民法」の特徴と評価

辰巳法律研究所「条文・判例本 民事系民法」のサムネ画像です。

「条文・判例本 民事系民法」の特徴

まず手に取って思うことは、分厚いということです。ページ数は全体で850ページ弱です。しかし、項目分けもしっかりされており、必要な部分だけを読もうとする際には、それほど多く感じないかと思います。民法という科目の特性上、分量が多くなるのは致し方ないところでしょう。

また、分厚いとはいえ、広い民法の分野の条文や判例、いくつか学説の紹介もあり、十分コンパクトにおさまったともいえます。ところどころに図表があるのがわかりやすいです。例えば、売買の担保責任や、委任の規定のほかの契約での準用関係などが、一覧されているので、表を参考に条文を読んでいけば整理しやすいです。

もっとも、結論のみまとめられているので、基本的事項の理解は、他の基本書や講義などで身に着けていることも必要かもしれません。

「条文・判例本 民事系民法」の評価は?

短答式対策において

短答式対策として、本書は条文を定義・判例・学説などと合わせて読むことができるので、まさに短答式対策に最適といえます。特に、親族相続分野などは、条文を知っていれば解答できる問題が多く、多くの受験性は手薄な部分のため、本書で特に解説がある部分だけでも素読して身に着けていけば、得点を伸ばす武器になると思われます。

法科大学院入試対策において

法科大学院入試対策としては、短答用の条文対策も兼ねているため、情報量は多すぎると思われます。もっとも、条文をよく理解していなければ解答できないこともしばしばあるため、法科大学院でよく出題される分野だけでも読んで、ポイントを頭に入れておくということは有用でしょう。

司法試験・予備試験対策において

情報量としては必要で十分であると思われます。予備試験司法試験の論文では、すばやく問題点を抽出し、答案構成をしなければならないため、本書で、条文の内容と構造を理解しておけば、本試験でもすばやく条文操作ができるでしょう。

本書には、論文式試験で出やすい部分に、「論文Link」がついている。論文式試験で問われた際に、検討すべき項目がまとまっています。この「論文Link」を参考にすれば、条文を読みながら、その条文を論文式で検討するときは何を書かなければならないのか把握することができます。

重要な判例については、判旨も紹介されています。よって、本書だけでも重要な判例は学習することはできます。もっとも、予備試験、司法試験の論文式試験では、判例を意識した問題も多く出題されます。そのためより深い理解を目指すのであれば、判例集の事案なども併せて確認することも必要かもしれません。これらは、コンパクトにまとめてある本書の特徴からやむをえませんが、全体をこの本でまとめていくという利用方法は、試験対策として有用といえます。

 

あなたもレビューしませんか?

※先に「継続力」を理解する事が重要です。

難関な試験に合格する為には独学力を鍛えなくてはなりません。

司法試験の独学力.comでは、独学力を構成する「効率力」と「継続力」。特に独学で司法試験に合格する為の必須条件である「継続力」について解説しモチベーション向上を図ります。