松久三四彦他「事例で学ぶ民法演習」の特徴と評価

松久三四彦「事例で学ぶ民法演習」サムネ

北海道大学の教授である松久三四彦・藤原正則・池田清治・曽野裕夫により執筆された民法の総合演習書で、親族相続を除く分野全体を取り扱っています。やや短めの事案と、それに対する解説というスタイルで、その解説には無駄がないというのが特徴で、さくさくと必要な知識をつけて読み進めていけるのが特徴です。

背景や前提知識、当該分野について問題と関係ない事項も書き連ねるために長くなってわかりにくい問題集も多い中、問題に対してどう考え解答するのかを必要十分な内容でシンプルに示しているため、使いやすく、学生の評価も良い本です。

「事例で学ぶ民法演習」の特徴

解説がシンプルで読みやすいです。

内容的にはロースクールでの授業を簡潔にまとめたようなものであり、判例や通説的な立場からどうやって考えていくのかということをしっかり書いてくれているので受験生に大変使いやすい本です。

また、学校であまり取り扱われない行為能力や失踪宣告などのテーマも扱ってくれ、かゆい論点も押さえており、親族相続以外の分野は押さえるべき論点はある程度網羅してくれています。

シンプルでさくさく読んでいけるので、入試や司法試験前に論点と考え方をさらうために何週もしやすく、お勧めできます。

「事例で学ぶ民法演習」の評価

短答式対策において

あまりおすすめできません。

本書はあくまでも論述対策であり、取り上げている事項はいずれも論述向けの論点が多いです。

法科大学院入試対策において

向いています。

若干法科大学院入試対策としては難易度が高いかもしれませんが、要件事実を押し出す本ではないので学部生でも使いやすいです。本書で幅広く論点を拾っておけば、十分に対策ができると思います。

司法試験・予備試験対策において

向いています。

予備試験対策としては、論点を総ざらいして論述できるようになるので向いているでしょう。

司法試験対策に関していうと、本書は、民法事例演習教材ほどレベルが高くはありませんが、ロースクールでの事例演習系の講義をわかりやすくまとめたような形で書かれているので、難易度的にはちょうどよく、論点をさらうのに向いていると思われます。

ただ、司法試験の民法は、分量も多く時間的にも厳しい中で事情を拾うというような面があります。本書では短い事案で明らかな論点のみを拾っていく形になるため、長い事案で事情を拾い集め必死で書くというような訓練は別に行っておく必要があります。そういった本番類似を追及するのであれば民法事例演習教材ということになるでしょう。

動画で解説!専門家が評価する「事例で学ぶ民法演習」

あなたもレビューしませんか?

※先に「継続力」を理解する事が重要です。

難関な試験に合格する為には独学力を鍛えなくてはなりません。

司法試験の独学力.comでは、独学力を構成する「効率力」と「継続力」。特に独学で司法試験に合格する為の必須条件である「継続力」について解説しモチベーション向上を図ります。