松井宏興「担保物権法」の特徴と評価

松井宏興「担保物権法」 のサムネ画像です

「担保物権法」の特徴

本書は担保物権法分野を概説した基本書です。本書は道垣内先生の「担保物権法」などよりも記述が平易であり、初学者でもすいすいと通読することが出来ます。

内容は判例・通説をベースにしており、独自説は薄く学問的な深みはあまりありませんが、判例の理解を重視する現行の司法試験にはぴったりの書籍といえます。道垣内先生の「担保物権法」があまりに高度で内容がイマイチぴんと来ない方、初学者の方、予備校本で学習していたけど基本書でも学習してみたいという方にもお勧め出来る基本書です。

また本書中には事例が多く掲載されているので、抽象的な学習に終始しがちな担保物権の学習を具体的に考え、理解することが出来るのも本書の特徴といえるでしょう。

本書のおすすめポイントは分量の少なさと文章の平易さに集約されます。他の基本書が学術的に高度な内容を含んだ、厚めの基本書が隆盛の中、本書は薄めの250頁程度で判例通説を平易な文章で解説しています。本書だけで、短答・論文試験に必要な基礎知識は過不足無く習得できるでしょう。

もっとも前述のように学術的に深いところに突っ込んだ内容にまでは踏み込んでいない印象なので、法科大学院の授業でリサーチペーパーを作成する際にはやや力不足な印象があります。

しかし、試験対策という観点に限れば本書以上にわかりやすい担保物権の基本書はないといえるので、手っ取り早く試験に必要な知識を入れたい、とお考えの方は是非本書を手に取ってみましょう。

「担保物権法」の評価は?

短答式対策において

本書では判例・通説について過不足無く記載されており、また重要判例についても一通り触れられていることから本書を通読していれば短答試験に必要な基礎知識は十分得られます。

現在の短答試験では学術的な深い話は問われないので本書程度の知識を押さえておけば十分短答試験突破レベルに到達することが出来るでしょう。もっとも最新版である三版が出版されたのが2011年なので、最新判例の知識については別途判例集でカバーする必要があります。

法科大学院入試対策において

本書は前述のように初学者でも読みやすい平易な文章で書かれていますので、法科大学院入試を目指す初学者段階の方にもぴったりのものといえます。本書を通読し、論点を理解できれば法科大学院入試に必要な知識は十分に得られるでしょう。

司法試験・予備試験対策において

司法試験・予備試験ではもっぱら事例問題が出題されますが、本書では随所に典型事例が掲載されており、この典型事例と試験問題の相違を考えることで問題の所在を把握する事が出来るでしょう。

また本書の記載内容は判例・通説をベースにしており、判例の射程を頻繁に問うてくる本試験対策にもぴったりのものといえます。本書を複数回通読した後はどんどん過去問等事例問題を解きましょう。

動画で解説!専門家が評価する「担保物権法」

あなたもレビューしませんか?

※先に「継続力」を理解する事が重要です。

難関な試験に合格する為には独学力を鍛えなくてはなりません。

司法試験の独学力.comでは、独学力を構成する「効率力」と「継続力」。特に独学で司法試験に合格する為の必須条件である「継続力」について解説しモチベーション向上を図ります。