中田裕康「債権総論」の特徴と評価

中田裕康「債権総論」のサムネ画像です

「債権総論」の特徴

本書は、東京大学教授の中田裕康先生の執筆された基本書です。中田先生は元弁護士でいらっしゃることもあり、理論的な問題のみならず、実務上の要請にも配慮が届いた議論がなされています。司法試験受験生が債権総論分野で使用する基本書としては、潮見先生の「プラクティス民法 債権総論」と双璧をなす基本書といえましょう。

構成の特徴としては、項目ごとに、趣旨・要件・効果を順々に検討し、伝統的な通説と近時の見解を紹介していく形になっています。潮見先生の「プラクティス民法 債権総論」のようにケースメソッド的な構成になっておらず、淡々とした説明がなされている印象ですが、基礎から発展的内容まで網羅的に解説がなされている点が好評である印象です。

発展的な議論についてはマークで明示して読みわけが利くように配慮もされていますので、初学者にとっても優しい構成となっています。

一方で、本書は、民法改正の中間試案を巻末に掲載されている点、倒産法の基礎となるような記述がなされている点(債権者代位権・詐害行為取消権等)等、最先端の議論を視野にいれた構成となっています。上述のように中田先生は元実務家の先生でいらっしゃることから、近時の動向を踏まえた議論がなされている点は評価の高いところだと感じます。

多くの司法試験受験生が潮見・中田両先生の基本書のいずれかを使用していることが多いことは上に述べましたが、どちらも本当に甲乙つけ難く、実際に手にとって馴染む方を使用されることがよいと思います。

「債権総論」の評価は?

短答式対策において

使用に適していると考えます。

各論点につき、基礎から網羅的な解説がなされていますので、短答式試験の問題を解いた際に本書を参照して、理解を深めることが可能でしょう。また、伝統的な通説についてきちんと言及がなされていることも、短答式試験の学習に使用する際に役立つと思います。

法科大学院入試対策において

使用に適していると考えます。

上述のとおり、本書は、債権総論の基本書としては潮見先生の「プラクティス民法 債権総論」と並ぶ基本書です。法科大学院入試の段階から司法試験まで通じて本書を利用することが充分に可能です。

司法試験・予備試験対策において

使用に適していると考えます。

基本的には法科大学院入試対策で述べたことと同様ですが、最新の議論を踏まえた記述がなされていることからも、司法試験・予備試験対策に適しているといえましょう。

動画で解説!専門家が評価する「債権総論」

あなたもレビューしませんか?

※先に「継続力」を理解する事が重要です。

難関な試験に合格する為には独学力を鍛えなくてはなりません。

司法試験の独学力.comでは、独学力を構成する「効率力」と「継続力」。特に独学で司法試験に合格する為の必須条件である「継続力」について解説しモチベーション向上を図ります。