安永正昭「講義 物権・担保物権法」の特徴と評価

安永正昭「講義 物権・担保物権法第2版」サムネ画像

「講義 物権・担保物権法」の特徴

同志社大学教授の安永正昭先生が執筆された物権法の基本書です。物権総則と担保物権法が一冊になっています。物権法の基礎的なところから説明がなされており、非常にわかりやすいため、初学者にもおすすめです。独学にも向いている本だといえるでしょう。

また、判例の事案を交えて説明がなされているため、論文式試験対策としても有用です。判旨の引用も丁寧にされており、とても使いやすい基本書です。他方で、物権総論と担保物権が1冊になっており、事案と判旨も入れ込んでいる都合上、辞書的な使用法には向かないでしょう。本書をメインの基本書に据えつつ、他の本で適宜疑問を解消していくという使い方がおすすめだといえます。

「講義 物権・担保物権法」の評価は?

短答式対策において

本書は、短答式で頻出の知識についてはおおむね網羅しているので、短答式試験対策としても有用な基本書だといえます。もっとも、細かい知識についての記述はさほど充実していないため、過去問をやりこみ、わからないところは適宜他の本で調べていく必要があると思います。

法科大学院入試対策において

必要十分であり、非常に向いているといえます。法科大学院入試においても、民法は範囲が広く受験生を悩ませている科目でしょう。ただ、物権法については、本書に記載されている内容を理解することができれば、上位ロースクールの合格レベルにあるといえます。

司法試験・予備試験対策において

このレベルの方にとっても、本書は非常に有益だと考えられます。

ここまで学習が進んでいると、基本書を頭から読みかえすというよりは、判例を押さえ、問題演習を繰り返すという勉強にシフトしていると思います。このレベルでは、基礎知識を確認するために、本書が非常に適した基本書となるでしょう。

好みもありますが、学習が進んでいる人が見直しに使うことを考えると、本書のように、パンデクテン体系を崩していない基本書のほうが適していると考えられます。

他方で、要件事実に関する記載は非常に薄いので、実体法の知識を本書で確認するとしても、要件事実に関する知識は、他の本を使う必要があると思います。このように、本書は、いずれの段階でも、メインの基本書としての役割を果たしてくれる本なので、本書に何度も立ち返りつつ、必要な情報を他の本で補い、問題演習を繰り返していきたいところです。

あなたもレビューしませんか?

※先に「継続力」を理解する事が重要です。

難関な試験に合格する為には独学力を鍛えなくてはなりません。

司法試験の独学力.comでは、独学力を構成する「効率力」と「継続力」。特に独学で司法試験に合格する為の必須条件である「継続力」について解説しモチベーション向上を図ります。