道垣内弘人「担保物権法」の特徴と評価

道垣内弘人「担保物権法」サムネ

東京大学の道垣内弘人教授が執筆した,民法・担保物権法の基本書。表現などはやや難解で,きちんと判例は紹介するものの,著者の独自説が色濃く反映され,他説が載っていないこともあります。京都大学・同ロースクールでは佐久間毅先生の佐久間毅「民法の基礎2 物権」とセットとして勧められる一冊で,独自説に注意をすれば担保物権の教科書としては良い本です。

「担保物権法」の特徴

一貫性のある体系書系教科書です。

本書は著者の見解が一貫して示されているため、その考え方に共感できれば、筋の通った見方ができるようになっています。初学者にはもともと担保物権分野自体が難解であるのにあいまって、かなり難解な教科書に思えるかもしれません。やや好みが分かれると思われます。

提示された問題については様々な場合分けの下で理由をつけてしっかりと考え方が示されていることが多いため、向き合うことができれば多くの問題点について理解が深まります。コラムなどの記載もロースクール以降では役に立つことがあります。

「担保物権法」の評価

短答式対策において

あまりおすすめできません。

本書を通読して短答式試験を目指すとなると余分な情報が多いと思います。短答式試験では担保物権の分野では条文と判例を押さえてしまうのが一番なので、択一六法、判例六法などでそういった分野から攻める方が効率よく押さえることができるでしょう。

法科大学院入試対策において

おすすめできます。

法科大学院入試では、判例に傾倒せずとも自分の考え方を一貫して示せていればしっかり評価される傾向にあります。本書では例えば、譲渡担保における担保的構成から一貫した論述がなされているので、どういう考え方が背景にあり帰結がどうなるのかといった点を追及しておくと、法科大学院入試でも役に立つのではないでしょうか。

司法試験・予備試験対策において

向いているでしょう。

内容的にはしっかりしており、一貫した論述・帰結までが書かれているため深い理解ができる本であるため、向いていると思います。しかし、きちんと判例や通説・多数説を中心に押さえ、そういったものからコンパクトな論証パターンを作って暗記して吐き出すというパターンを心掛ける受験生にとっては、有用な本ではないかもしれません。

あなたもレビューしませんか?

※先に「継続力」を理解する事が重要です。

難関な試験に合格する為には独学力を鍛えなくてはなりません。

司法試験の独学力.comでは、独学力を構成する「効率力」と「継続力」。特に独学で司法試験に合格する為の必須条件である「継続力」について解説しモチベーション向上を図ります。