佐久間毅「民法の基礎1 総則」の特徴と評価

佐久間毅「民法の基礎1 総則」サムネ

京都大学の佐久間毅教授が執筆された民法の基本書。厚さは普通程度です。本文・発展学習・補論という3つの部分での構成が特徴で、初学者は大きい文字だけ、ゼミ、ロースクール、司法試験対策等では細かい文字までマスターしていけば段階的に基本知識がきちんと身に着くようになっています。

また、著者は「代理」も専門とされていますが、著者自身の見解は補論にのみ示され、判例の理解などバランスの良い記述がなされており、偏っていないのが特徴です。ケースを用い、きちんとケースに対する解答もなされているなど、理屈がわかっても事例問題に対応できないということにならないよう問題に取り組む方法もよく示されている良書です。こういった初学者からでも用いやすい工夫・それゆえの読みやすさから、京都大学、東京大学で教科書として指定され、学生から評価の高い一冊です。

「民法の基礎1  総則」の特徴

わかりやすく、初学者にも読みやすいです。

民法総則の最初の教科書として比較される内田貴「民法Ⅰ総則・物権総論」と比べると単調に感じない、初学者がどこを読まなければいけないのかが一目してわかるといった点が異なり、山本敬三「民法講義Ⅰ」との対比で言うと、厚過ぎず学部生がテスト対策としてきちんと押さえなければならない箇所がバランス良くまとめられているという印象を受ける本です。判例について、きちんと押さえてくれるので、判例よりの立論をしたい場合の正当化のプロセスを知ることができるのも本書の大きな特長と言えます。

一方、山本敬三先生の本のように主要学説を網羅して帰結まで教えてくれるような本ではなく、あくまでも判例・通説的見解の理解と補論に示された佐久間先生の見解が主として示され、引用等も少ないので、ゼミ・リサーチ等には若干不向きといえます。

「民法の基礎1  総則」の評価は?

短答式対策において

意思表示関連については判例をきっちり押さえることで解答できるタイプの問題が多いため本書等で判例の理解をきちんと学んでおけば十分に対応できます。一方、一般法人法や、無権代理の法定追認、時効の細かい判例等には対応していないので網羅的に対策ができるタイプの本ではありません。条文理解や細かい判例を押さえたい場合は予備校の択一六法のような系統の本をお勧めします。

法科大学院入試対策において

おすすめできます。

初学者が押さえなければならない点をケースも用いてしっかり押さえてくれる本であり、本書の事項をしっかり押さえていれば大外しするということはないと思われます。ただ、2011年と古いのでそれ以降の最新判例に百選や重要判例解説等で対応することも必要です。

予備試験対策・司法試験対策において

基本的には総則分野では本書をきちんとマスターしていれば十分な内容となっています。より詳しい内容を求めるならば山本敬三「民法講義Ⅰ」を用いることもお勧めします。本書は代理については十分詳しいですが、民法94条2項の類推適用などは山本先生の本を合わせ読むと深い理解が得られると思います。

動画で解説!専門家が評価する「民法の基礎1 総則」

あなたもレビューしませんか?

※先に「継続力」を理解する事が重要です。

難関な試験に合格する為には独学力を鍛えなくてはなりません。

司法試験の独学力.comでは、独学力を構成する「効率力」と「継続力」。特に独学で司法試験に合格する為の必須条件である「継続力」について解説しモチベーション向上を図ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。