長谷部由起子他「基礎演習民事訴訟法」の特徴と評価

長谷部由起子「基礎演習民事訴訟法」サムネ画像

「基礎演習民事訴訟法」の特徴

30人の学者がそれぞれ1テーマずつ問題の解説を書いた、民事訴訟法の演習書です。設問はいずれも事例問題で、1頁程度のものが多く、判例を少しいじったようなものとなっています。単純に典型論点だけを意識していると、「実は、あと一歩、二歩と深めなければならなかった」ということに気付かされるような問題が多く、その部分を気鋭の学者たちが深い考察ととも教えてくれるので、かなり勉強になります。

「The典型論点」ではなく、試験で困るような、「少し論点がいじられたがために、どうすればよいのか考えなければならない」タイプの思考訓練ができる良問揃いです。30人の学者が書いているために、やや解説の出来のばらつきがあったり、一貫性が欠如しているきらいもありますが、それを差し置いても思考訓練に持ってこいの良書です。

「Law practice民事訴訟法」と比べるとやや難しく、一歩二歩踏み込んだレベルとなっていますが、解説は丁寧なので、学部生からでも使える本です(しかし、学部生が最初に選ぶ演習書としては、難易度、初学者のわかりやすさ的にみて「Law practice 民事訴訟法」の方が推せます)。

「基礎演習民事訴訟法」の評価は?

短答式対策において

短答式試験には向いていないと思われます。本書は、論述式の問題を解いていく形式で、論点に関する解説が中心であり、手続の流れや争点整理などについては全く触れられていないためです。

法科大学院入試対策において

法科大学院入試に向けて使える本です。

本書の論点網羅性はやや高めですし、学説・判例もしっかり知ることができると思います。ですが、法科大学院入試レベルでは「Law practice 民事訴訟法」に書かれている論点・判例をしっかり押さえておけば十分な得点ができると思いますし、本書では拾いきれていない論点も書かれているので、まずはそのレベルを押さえきることをお勧めしたいです。

司法試験・予備試験対策において

司法試験に向けて使える本です。現状、司法試験の民事訴訟法(民事系科目第3問)の特殊な問題形式に対応した形の問題集で、かつ十分なレベルの解説がされたものはないというのが学生間の通説です。読んできた演習書の中で、(問題形式には対応していないですが)司法試験レベルの解説がされており、まだ使いやすいと思われるのが、本書です。

その次は(ややマイナーですが)藤田広美先生の「解析 民事訴訟」だと思います。本書は現状の演習書の中では、司法試験対策に一番使える本だと思います。考えの深め方では司法試験レベルですので、思考訓練として大いに活用してほしいです。

 

あなたもレビューしませんか?

※先に「継続力」を理解する事が重要です。

難関な試験に合格する為には独学力を鍛えなくてはなりません。

司法試験の独学力.comでは、独学力を構成する「効率力」と「継続力」。特に独学で司法試験に合格する為の必須条件である「継続力」について解説しモチベーション向上を図ります。