伊藤眞「民事訴訟法」の特徴と評価

伊藤眞「民事訴訟法」サムネ画像

「民事訴訟法」の特徴

東京大学教授、早稲田大学教授を歴任された伊藤眞先生の基本書です。余談ですが、伊藤塾で有名な伊藤真氏とは別人です。

本書は、法律事務所の書棚にもほぼ必ず置いてあるような基本書であり、実務家の文章中にも頻繁に登場します。その意味では、民事訴訟法の基本書として確固たる地位を確立している本だと言えましょう。訴訟物理論としても、他の基本書がのきなみ新訴訟物理論に立脚して書かれている中、本書は、実務見解と同様に旧訴訟物理論に基づいて書かれています。

しかし、決して実務説であることとイコールではありません。むしろ独自説が満載です。その点には十分注意して使用する必要があります。通説・判例との相違点に気をつけながら読まなければなりません。おそらく、実務家の先生方が持っている理由は、手続面についての言及がしっかりなされている点にあるのではないかと思います。

また、民訴を学修する上で最も大切ともいえる用語の定義がしっかり書かれています。手続面への言及が充実していることもあわせて、辞書的に用いることができる一冊であるといえましょう。

内容面については、上述のとおり、本書は、旧訴訟物理論に則って書かれています。とはいえ、昔は民事訴訟学会を席巻した訴訟物理論ももはや鳴りを潜めており、正直なところ、どちらに立脚しても結論に差異が生じるような問題は出題されないと思います。また、独自説が多いと述べましたが、通説を紹介した上で独自説を述べているので、その点は安心です。

体裁については、文章は硬めです。その点では、初学者の方がいきなり本書を読もうとした場合、大変に感じることと思います。しかし、各論点につき端的に適切な理由付けと結論が記されており、お硬い文章も意味が凝縮されています。その点では。理解が深まるにつれて本書の良さがわかるようになるような基本書であるといえるかもしれません。

「民事訴訟法」の評価は?

短答式対策において

上記のとおり、手続面への言及が充実していること、独自説が多いものの通説・判例についての言及もきちんとされていることから、短答式試験の対策にも十分に用いることが可能です。もっとも、独自説色がもっと薄い基本書は存在しますので、そちらを用いた方が便利であるように思います。

法科大学院入試対策において

法科大学院入試のレベルを考えると、ややハードルが高いといえるかもしれません。上述していますように、学習が進むにつれて本書の利用価値が上がると考えられますので、法科大学院入学後に本書を使用するようにするのがよいかもしれません。著者の伊藤先生は言葉遣いにかなり気を使っていらっしゃる先生なので、ことばの定義等を確認するのにも適していると思います。

司法試験・予備試験対策において

適していると思います。

学習が進むにつれて、本書の端的に書かれている理由付け等を自分の答案に活かせるようになってくるでしょう。本書の文章の表現はかなり綺麗だと思いますので、論文対策に一番適しているように感じます。

あなたもレビューしませんか?

※先に「継続力」を理解する事が重要です。

難関な試験に合格する為には独学力を鍛えなくてはなりません。

司法試験の独学力.comでは、独学力を構成する「効率力」と「継続力」。特に独学で司法試験に合格する為の必須条件である「継続力」について解説しモチベーション向上を図ります。