三木浩一他「リーガルクエスト 民事訴訟法」の特徴と評価

三木浩一「リーガルクエスト 民事訴訟法」サムネ画像

「リーガルクエスト 民事訴訟法」の特徴

慶應義塾大学の三木教授、京都大学の笠井教授、東京大学の垣内教授・菱田教授の共著の民事訴訟法の基本書です。中級程度の読者を対象としたリーガルクエストシリーズの1つで、基本的な内容をきっちり押さえられる教科書となっています。読みにくいというほどではないですが、初心者が読んでもわかりやすい、とまではいえず、初級者向きの本ではありません。

本書では、ケースや図などは用いられておらず、ひたすら記述のみです。判例の引用は要旨のみであっさりしており、対立する学説の記述量が多く、どのような点で対立しているのか知ることができる点は魅力です。また、ところどころ三木説が採用されており、三木教授の問題意識を垣間見ることができるものになっています(2版になってより三木説が濃厚になったとの評価も聞きます)。

内容的には、確かに大まかな論点はきちんと拾っているのですが、細かい論点となってくると、和田吉弘「基礎からわかる民事訴訟法」と補完しあっているような状況で、司法試験向けに細かい論点まで網羅しておきたいのであれば、他の本も使っておいた方が無難でしょう。

「リーガルクエスト 民事訴訟法」の評価は?

短答式対策において

管轄や弁論準備手続等の制度についてなど論述では出てこないような短答式試験の内容にもきちんと一通りは対応しているので、使うことはできると思います。

法科大学院入試対策において

法科大学院入試レベルでは、まずは民事訴訟法の「問題」に対して「どのような答案を書くのか」「何が論点になるのか」という点を押さえることが有用だと思いますが、学部生レベルでこの本を読んでも「何が重要なのかわからない」という感想を抱いてしまうのではないかと思います。そういった意味で、ロースクール入試対策にはやや使いにくい本なのではないかと思います。

上述の事項をまず押さえるのであれば、山本和彦他「Law practice 民事訴訟法」「基礎からわかる民事訴訟法」等から学ぶのがおすすめです。これらをこなせるレベルであれば、本書を用いると、より学説の対立点やより深い考察を得ることができるはずです。

司法試験・予備試験対策において

本書記載の事項について一通り内容を理解できて、学説の対立などもきちんと押さえておけば、司法試験で出てくるような論点にも対応できると思います。民事訴訟法の司法試験の問題はかなり特殊であり、妙な学説の対立を問われることもありますが、本書は主要学説やたまに出てくる既判力に関する高橋・新堂説等にも触れてくれているのでその点は安心して使える本だと言えるでしょう。

あなたもレビューしませんか?

※先に「継続力」を理解する事が重要です。

難関な試験に合格する為には独学力を鍛えなくてはなりません。

司法試験の独学力.comでは、独学力を構成する「効率力」と「継続力」。特に独学で司法試験に合格する為の必須条件である「継続力」について解説しモチベーション向上を図ります。