和田吉弘「基礎からわかる民事訴訟法」の特徴と評価

和田吉弘「基礎からわかる民事訴訟法」サムネ

学者上がりで現在は弁護士の和田吉弘氏が執筆された民訴法の基本書です。一見分厚さに驚きますが、内容としては基本的なものにとどまり、わかりやすさに重点が置かれています。判例の事案説明や基本概念の説明に見やすい図表が使われているなど、学習者に対する配慮を感じる良書です。京大内では下級生に対して最初に選ぶ基本書としてよく勧められる一冊です。題名からもわかるように入門~中級程度の教科書的な使用が想定されているため、引用などは少なく、リサーチに向く本ではありません。

「基礎からわかる民事訴訟法」の特徴

わかりやすく簡易だが網羅性が少し物足りないです。本自体は厚いですが内容としては基本事項の説明とともに、判例を事案について図表を用いわかりやすく説明し解説するといったもので、初学者にもわかりやすく仕上げられています。

一方でロースクールや予備試験・司法試験対策での学習に用いようとすると、やや細かい論点では本書と三木浩一他「リーガルクエスト 民事訴訟法」との併用によって初めて網羅できることが多いなど、内容の網羅性としては若干物足りない一面もあります。ロースクール以降のレベルで本書を使用する場合には重点講義やリーガルクエストといった本も併せ用いていくのがよいと思われます。

「基礎からわかる民事訴訟法」の評価は?

短答式対策において

予備試験の短答式試験においては、手続面なども出題されますが、そういった部分についての記載もあるため、基本書としての役割は十分に果たされています。ただ、条文を追うコンパクトな知識を詰め込む作業や実戦での慣れが必要な管轄等の含まれる短答式試験に対し、この教科書の分量を読んでいるのは効率が悪いと思われます。

法科大学院入試対策において

比較的向いているかと思います。法科大学院入試対策としては、基本概念を押さえ、重要な判例の事案・その読み方などを広く押さえてくれるので使いやすいと思います。ただ、2012年発行のため、それ以降の重要判例、裁判例等は網羅されていないのでその点は自身で補う必要があります。また、論点の網羅性に不安を覚える方は他の基本書や問題集の併用をお勧めします。

予備試験対策・司法試験対策において

本書には判例の紹介において図表が多く著者の見解なども記載されているため、判例の事案・ロジックの理解が大変しやすいです。そういった点を押さえるのに本書を用いるのは大変良いと思われます。

ただ、司法試験では、例えばマイナー学説の理解が問われることもあり、そういった事項について「リーガルクエスト」、重点講義等の方が詳しいことも多々あるところです。また論点的にもリーガルクエスト等と併用しないと網羅しきれていないので、補う必要があるという認識は持つべきだと思われます。

動画で解説!専門家が評価する「基礎からわかる民事訴訟法」

あなたもレビューしませんか?

※先に「継続力」を理解する事が重要です。

難関な試験に合格する為には独学力を鍛えなくてはなりません。

司法試験の独学力.comでは、独学力を構成する「効率力」と「継続力」。特に独学で司法試験に合格する為の必須条件である「継続力」について解説しモチベーション向上を図ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。