高橋宏志「重点講義民事訴訟法 上」の特徴と評価

重点講義民事訴訟法-上のサムネ画像です

「重点講義民事訴訟法 上」の特徴

本書は中央大学法科大学院教授の高橋宏志先生が執筆した民事訴訟法の論点解説書となります。本書の構成は基本的に①基本事項の確認、②判例・学説の状況、③著者の私見、というながれとなっています。判例・学説の趣旨や欠点から著者の私見が論理的に展開されるので、抽象的な議論ながら驚くほどよみやすいものとなっています。

また、本文では触れられていない応用的論点などは脚注にまとめられており、本文・脚注を含めれば民事訴訟法の論点で本書が触れていないものはないと言われています。高橋宏志先生が試験委員だった時代の司法試験過去問は本書を参照しながらでなければ解答困難といわれたほどです。

しかし著者の私見(大体新堂説)をそのまま論文で書くことは困難なので、本書で判例・学説を押さえ、自説を固める参考にする程度が良いでしょう。

また本書は上下巻の二分冊構成ですが、総頁数は1500頁を越え、脚注も膨大なので何度も通読するのは困難です。本書はまず本文だけを読み、脚注は法科大学院の予習や過去問検討で躓いた点などを復習する際に、辞書的に使用するのが適切です。

また本書は司法試験対策上の評価が人によって明確に分かれる書籍であるといえます。本書がピタリとはまる人にとっては、論文対策で論点を深く理解するために辞書的に用いるうえで本書以上に心強い書籍はないので、その点では司法試験対策に有益な書籍だと思います。

「重点講義民事訴訟法 上」の評価は?

短答式対策において

本書は争いのない民事訴訟手続については一切触れられておらず、また短答で問われるような基本事項も既知のものとして扱われることが多いので、短答対策として用いるのは無理があります。素直に基本書・百選で対策を立てましょう。

法科大学院入試対策において

法科大学院入試では民事訴訟の基本的事項について繰り返し問われていますが、本書はその数段階上の議論を主に展開しています。本書を法科大学院入試に挑もうとする初学者段階で使いこなすのは至難の業です。あえて本書で試験対策を講じる必要性はないでしょう。

司法試験・予備試験対策において

本書は司法試験の問題であろうと、予備試験の問題であろうと何かしらの言及があります。他の基本書では触れられていない応用論点、深く検討がされていない難解な論点も本書を当たれば解答へのヒントを得られるでしょう。

しかし本書は議論のレベルが高く、往々にして試験対策にはオーバースペックな印象を受けます。本書の本文を読むだけでも司法試験に必要な知識は十二分に付くのですが、明らかに司法試験合格水準を超える議論も展開されており、かえって混乱してしまうこともあるでしょう。

本書を使用する際には思考の迷路に迷い込まないように、判例・通説をおさえ、その批判点・欠点についてはこんな話もあるのだな、程度にしておくのが良いでしょう。

あなたもレビューしませんか?

※先に「継続力」を理解する事が重要です。

難関な試験に合格する為には独学力を鍛えなくてはなりません。

司法試験の独学力.comでは、独学力を構成する「効率力」と「継続力」。特に独学で司法試験に合格する為の必須条件である「継続力」について解説しモチベーション向上を図ります。