山本弘他「民事訴訟法」の特徴と評価

山本弘他「民事訴訟法」のサムネ画像です

「民事訴訟法」の特徴

本書は山本弘先生、長谷部由起子先生、松下淳一先生といった著名な先生方が執筆した民事訴訟法の基本書です。本書は他の有斐閣アルマシリーズ同様初学者向けに執筆されたものであり、コンパクトに民事訴訟法の全体構造をまとめつつ、個々の論点についても満遍なく触れられています。

記述の内容も色がなく、判例・通説をベースに展開されていることから司法試験・予備試験対策としても有益です。文体も初学者を対象としていることから平易なものであり、民事訴訟法に初めて触れる初学者でも容易に読み進めていくことが出来ます。

もっとも本書は民事訴訟法の全体像をコンパクトにまとめていることから、各論点について深い解説がなされることはあまりありません。また重要論点なども触れられているものの、論文対策に必要な論点の肝部分についての記述があっさりと語られていたりと往々にして行間を意識しつつ精読しなければならない点については注意が必要です。

本書一冊だけで司法試験で問われるような深い理解を得るためには勉強の進んだ中級者程度の学力が必要でしょう。

本書の総合的な評価としては、はしがきでは初学者向けとしていますが、真の対象者は勉強の進んだ方が民事訴訟法の全体像・論点を総復習するツールとして用いるものといえます。文章のまとまり、完成度は高いので短時間に復習したい方にぴったりの書籍です。

「民事訴訟法」の評価は?

短答式対策において

本書は短答試験で頻出の手続面についての記載もぬかりがなく、本書を通読すれば短時間で短答突破に必要な知識は網羅できます。コンパクト(文庫本サイズで500頁弱)に民事訴訟の全体像がまとまった本書はまさに短答対策のための基本書と言っても過言ではないでしょう。

法科大学院入試対策において

本書は前述のように民事訴訟法の全体像について触れられており、本書一冊で法科大学院入試に必要な知識は網羅できます。個々の論点についての掘り下げは深くはないものの、法科大学院入試では基本事項の理解について主に問われるので、重点講義と言った論点解説書を読まずとも本書だけで入試対策は十分といえます。

司法試験・予備試験対策において

本書は前述のように個々の論点についての深い検討はなされていないので、本書だけで司法試験・予備試験突破に必要な論文知識・理解を習得するのは困難です。もっとも本書をベースに百選の解説や重点講義などの論点解説書で理解の肉付けをしていけば、論文試験に必要な学力としては十二分につくので、本書は民事訴訟の骨組みを理解するツールと割り切って読み進める、という使い方が適切です。

本書の使い方は読者の学修進捗レベルによって多様に変化するものです。自分がどのレベルにあるかを見極め、本書を使いこなせれば他の基本書以上に有益な武器となるでしょう。

あなたもレビューしませんか?

※先に「継続力」を理解する事が重要です。

難関な試験に合格する為には独学力を鍛えなくてはなりません。

司法試験の独学力.comでは、独学力を構成する「効率力」と「継続力」。特に独学で司法試験に合格する為の必須条件である「継続力」について解説しモチベーション向上を図ります。