勅使河原和彦「読解民事訴訟法」の特徴と評価

読解民事訴訟法のサムネ画像です

「読解民事訴訟法」の特徴

早稲田大学の教授である勅使河原和彦先生が執筆した基本書です。本書は,法科大学院における先生の講義において学生が疑問に感じる点に対して答えた回答集のようなものであり,民事訴訟法を学修する際につまづくポイントについて解説されている本であるといえましょう。

本書の「はじめに」においても,「本書では…基本的に,判例の読み方や学説の一般的理解に沿って,学生が勘違いしやすいポイントを解説し,民事訴訟法を「読み解く」ことを心がけました」(本書ⅰ頁より引用)とあります。

また,本書には,先生が講義の際に書かれた板書を再現した図解が多く載せられています。これは,実際の先生の講義においても板書をしながら解説していることから,先生自身が掲載を望んだものであるとのことで,文章の理解の助けとなるものです。文体も,実際に先生が話されているかのようなものになっており,この1冊で先生の講義を受けることができるようなものになっているといえるでしょう。

内容についてですが,上で述べているとおり学生のつまづくポイントが集められているので,司法試験において重要な論点となる内容が多く記載されています。民事訴訟法の全体を学修した人がその上で本書を読むことで,より確実な理解を得ることができると思います。

このように,本書は司法試験にむけた学修において,ベースとする基本書の理解を助ける副読書といったものでしょうか。特に,民事訴訟法に対して苦手意識を持ってしまった人に是非手に取ってほしい1冊です。

「読解民事訴訟法」の評価は?

短答式対策において

向いていません。

本書は,全ての分野を網羅的に解説する本ではありませんので,短答式試験の対策においては,別の本を使用しましょう。

法科大学院入試対策において

適していると思います。

本書に書かれている内容は,受験生がよくつまづくポイントを噛み砕いて解説されたものとなっています。したがって,ひと通り基本書を読み終えた後に本書を読むことで,初めには理解できなかった内容も整理することができるようになると思います。

司法試験・予備試験対策において

適しています。

本書は,法科大学院生がつまづくポイントを集めたものであるので,試験的にも重要な論点についてわかりやすく記載されています。民事訴訟法学修の総仕上げに是非利用しておきたい1冊といえましょう。

あなたもレビューしませんか?

※先に「継続力」を理解する事が重要です。

難関な試験に合格する為には独学力を鍛えなくてはなりません。

司法試験の独学力.comでは、独学力を構成する「効率力」と「継続力」。特に独学で司法試験に合格する為の必須条件である「継続力」について解説しモチベーション向上を図ります。