高橋宏志「重点講義民事訴訟法(下)」の特徴と評価

重点講義民事訴訟法(下)

「重点講義民事訴訟法(下)」の特徴

本書は中央大学法科大学院教授の高橋宏志先生が執筆した民事訴訟法の論点解説書です。本書は上巻で取り上げられなかった処分権主義、複雑訴訟等について考察されており、上下巻で民事訴訟法分野の重要論点を網羅する構成となっています。

本書は上巻同様、はじめに基本事項について触れ、判例・学説の考察、そして著者の私見という流れで展開されていきます。文体も上巻のレビューで述べたように驚くほど読みやすく、本文だけを通読するならさくさくと読み進めることが出来ます。

もっとも本書の使い方、試験対策上の有用性については意見が分かれている印象を受けます。本書の著者である高橋宏志先生が試験委員であった頃の司法試験問題は、本書を参照しながらでないと中々理解できないような高度な問題が出題されており、試験問題を解き、躓いた論点を本書で参照することで民事訴訟の深い理解を得ることが出来るといえました。

しかし、本書の内容は本文に限っても明らかに司法試験レベルを超えているものもあり、純粋な試験対策としては出題傾向の変わった現在ではオーバースペック感が否めません。

また試験対策上、重要な記述が注釈に書かれていたりするので、注釈をどこまで読み込むべきかも悩みどころです。

結局のところ、論文試験を解いていき、躓いたところを本書で復習するというように辞書的に用いるのが良いと思います。

「重点講義民事訴訟法(下)」の評価は?

短答式対策において

本書は論点解説書なので短答対策には向きません。基本書・判例百選で対策を講じましょう。

法科大学院入試対策において

本書は明らかに法科大学院入試レベルを超えているので、あえて本書を用いる必要はありません。基本書等で基本事項を完璧にしましょう。

司法試験・予備試験対策において

司法試験・予備試験対策に本書を辞書・副読書として用いることはお勧め出来ます。しかし間違っても本書の多様な学説すべてを理解する、というような非効率的な学習はやめましょう。あくまで判例・通説・自説を確認するためのツールとして持ちましょう。

動画で解説!専門家が評価する「重点講義民事訴訟法(下)」

あなたもレビューしませんか?

※先に「継続力」を理解する事が重要です。

難関な試験に合格する為には独学力を鍛えなくてはなりません。

司法試験の独学力.comでは、独学力を構成する「効率力」と「継続力」。特に独学で司法試験に合格する為の必須条件である「継続力」について解説しモチベーション向上を図ります。