司法研修所「新問題研究 要件事実」の特徴と評価

司法研修所「新問題研究要件事実」サムネ画像

「新問題研究 要件事実」の特徴

司法研修所編集の要件事実の入門書。要件事実を初めて学ぶ人にとっての入門用としてうってつけです。要件事実を学ぶにあたりこの本に書いてあることを身に着けることが、基本であるといえます。一通り要件事実の学習が進んだ人にとっても、本当の基本中の基本がどうであったかを確認するという使い方であれば有用といえます。

もっとも、本当に基本的な考え方、テーマしか扱っていないため、さらに詳しく要件事実を学習するためには、「要件事実30講」(村田歩、山野目章夫他)や、「紛争類型別の要件事実」(司法研修所)なども学習する必要があるでしょう。

とにかく「薄い」。全体で150頁程度であり、数時間もあれば読むことができます。扱っているテーマは、売買や賃貸借など代表的なものを6つです。初学者にとっては、所有権を有することをどこまで主張しなければいなけいのか、所有権を有することに対する抗弁はどのようなものがあるのかなど、まずは押さえるべき事柄を本当に丁寧に解説されています。

そのため、独学でも使用できるといえます。もっとも、民事実体法の理解や、民事訴訟法の主張立証構造を理解した上であればさらに理解が進む部分があるので、一通り法律の学習を終えたあとに取り組むのが良いかと思われます。

「新問題研究 要件事実」の評価は?

短答式対策において

短答式試験対策として、本書はあまり有用ではないといえます。もっとも、短答といえども要件事実の理解は前提となるものですからまったく無駄になるとはいえません。しかし、司法試験・予備試験の短答対策としては、過去問を徹底的に演習する、条文を理解する、などの対策が効果的でしょう。

法科大学院入試において

法科大学院入試対策としては、情報量が適切と思われます。要件事実の基本的理解は、請求原因と抗弁をきちんと分けて理解できていることを示すのに有用と思われます。

司法試験・予備試験対策において

情報量としては、多少足りないようにも思います。ただ、この本だけの理解でも徹底的に理解していれば試験問題に対応することも可能です。別の本で補うとしても、やみくもに学習する本を増やすのは得策ではありません。予備試験・司法試験では、要件事実や抗弁を書くこともあります。

その対策として、これらの本で学習した内容をもとに、条文を読んで、要件事実を暗記ではなく、理解に基づき思い起こせるようにする訓練を積むことが有用といえるでしょう。

あなたもレビューしませんか?

※先に「継続力」を理解する事が重要です。

難関な試験に合格する為には独学力を鍛えなくてはなりません。

司法試験の独学力.comでは、独学力を構成する「効率力」と「継続力」。特に独学で司法試験に合格する為の必須条件である「継続力」について解説しモチベーション向上を図ります。