村田渉他「要件事実論30講」の特徴と評価

村田渉「要件事実論30講」サムネ画像

「要件事実論30講」の特徴

学者と裁判官が共著の、要件事実の基礎+問題演習両方を押さえた本です。

法曹会「新問題研究 要件事実」(通称:新問研)や司法研修所編「紛争類型別の要件事実 民事訴訟における攻撃防御の構造」(通称:類型別)等では問題演習量・内容に不足があると感じる人が使うレベルで、問題演習、扱われていない分野、より高度な内容等を得ることができる一冊となっています。

やや難しいですが、その分勉強になります。起案部分は四角囲みとして、見やすいレイアウトにしてありますし、ブロックダイアグラムなどもついており、読みやすさには工夫が見られます。

本書は、ロースクール既習1年目の民事実務系科目、予備試験の民事実務科目対策として使用することが想定されている本で、それを超えると、(学生のうちで)使用する機会はほぼないと思います。

「要件事実論30講」の評価は?

短答式対策において

本書レベルの内容を理解しておけば、ほぼ要件事実問題には対応できます。もっとも、短答式での要件事実問題は出ても1、2問ですのであえて本書を用いてまで対策するということはないと思います(択一対策本等でよく出る問題を見ておけば十分でしょう)。

法科大学院入試対策において

法科大学院入試レベルでは、要件事実論を本書程度にまで理解する必要性はありません。ロースクールに合格した以後に、要件事実対策として使うべき本でしょう。

司法試験・予備試験対策において

予備試験論述式・民事実務科目の対応に、使える本でしょう。要件事実を自分で書いてみて、間違った部分の理論的な意味と書き方等をきっちりと押さえていけばよいと思います。

司法試験に向けて要件事実単体を勉強するということはなく、本書はあくまでもロースクール既修1年目の民法や、民事訴訟実務・民事弁護等の実務科目対策といった位置付けだと思います。

そこを乗り切って以後ですと、たまに要件事実がわからないときに、「類型別」を開けば載っているという程度でよいことも多いですし、京大系の民法の教科書(潮見佳男「プラクティス民法債権総論」「基本講義債権各論Ⅰ・Ⅱ」、山本敬三「民法講義Ⅰ」「民法講義Ⅳ-1」等)に掲載されているもので学ぶ等で十分であり、本書を開いて基礎から学ぶということは少ないと思います。

あなたもレビューしませんか?

※先に「継続力」を理解する事が重要です。

難関な試験に合格する為には独学力を鍛えなくてはなりません。

司法試験の独学力.comでは、独学力を構成する「効率力」と「継続力」。特に独学で司法試験に合格する為の必須条件である「継続力」について解説しモチベーション向上を図ります。