櫻井敬子他「行政法」の特徴と評価

櫻井敬子他「行政法」のサムネ画像です

学習院大学の櫻井敬子先生と慶應義塾大学の橋本博之先生が執筆された行政法の基本書です。司法試験や予備試験、法科大学院入試との関係では、必要な情報がコンパクトにまとまっており、行政法分野を概観するための一冊目の基本書として、また、試験前の総まとめに使う基本書として、おすすめの一冊です。

受験生の間では「サクハシ」としておなじみですね。

欠点としては、理論面や判例の解釈、個別法解釈についての記述が薄いので、判例集や演習書等を適宜参照する必要があります。

「行政法」の特徴

全体が非常にコンパクトにまとまっています。そのため、難関資格をめざすような方であれば、さほど困難を感じずに通読をすることができるでしょう。また、コンパクトではあっても、「行政行為の瑕疵」や「処分性」など、試験上重要な項目についてはそれなりの分量が割かれており、メリハリのある使いやすい構成となっています。

他方で、記述の薄さは否定できず、この本だけでは合格レベルに達するのは困難であるように思われます。特に、行政法は、自ら個別法の解釈をする必要があります。判例を読めば、裁判官が個別法の解釈を実践して見せてくれているので、判例学習は不可欠です。この部分は他の本や文献で補う必要があるでしょう。

もっとも、橋本博之「行政判例ノート」へのリファレンスが充実しているため、この判例集との相性が良い方であれば、別途判例を参照しようとする際に困難を感じることはないでしょう。

「行政法」の評価は?

短答式対策において

短答式試験対策としては、本書の情報量では足りません。もっとも、知識の「幹」となる部分についてはしっかりと記述があるので、過去問をやりこむことで短答式試験を突破しようという方には、別途基本書を用意する必要はないといえるでしょう。

法科大学院入試対策において

法科大学院入試対策としては、必要十分な基本書であると思われます。本書を熟読することで、基本中の基本を固めましょう。さらに、「行政判例ノート」で判例を参照することまでできればベターです。

司法試験・予備試験対策において

こちらについては、情報量は不足しているといえるでしょう。別途、判例集や演習書、場合によっては論文などで、情報を補う必要があります。しかし、自分で情報を補うことができるのであれば、メインの基本書は本書で十分であると考えられます。

特に、判例学習に関しては、重要判例の原文を読むことができれば、それが最も充実した判例学習になります。加えて、重要判例については、判例評釈を読むことができれば万全でしょう。別途そこまでやるのであれば、本書の記述の薄さは気にならないのではないでしょうか。

また、論文対策においては、本書のようにコンパクトな記述が有用な場面もあります。すなわち、短い試験時間で答案を書くにあたっては、本書のようなコンパクトな記述を参照することで、過不足ない理由付けを書きやすくなるでしょう。

総じて、本書は、コンパクトな記述と、判例集へのリファレンス、メリハリのある構成が特徴であり、読み手の「独学力」がダイレクトに反映される基本書であるといえるでしょう。

あなたもレビューしませんか?

※先に「継続力」を理解する事が重要です。

難関な試験に合格する為には独学力を鍛えなくてはなりません。

司法試験の独学力.comでは、独学力を構成する「効率力」と「継続力」。特に独学で司法試験に合格する為の必須条件である「継続力」について解説しモチベーション向上を図ります。