中原茂樹「基本行政法」の特徴と評価

基本行政法のサムネ画像です

「基本行政法」の特徴

本書は東北大学法科大学院教授の著者が執筆した書籍です。書籍名からはスタンダードな基本書のような印象を受けますが、随所に事例が掲載されており、その事案解析の作法を個別法の解釈を交えながら解説しています。本書は司法試験で扱う全範囲をカバーしていますが、ケーススタディを通して解説していく姿勢が強調されています。

基本知識や重要事項を従来の基本書学習の様に習得したい方にとっては好みが分かれるところがあるかもしれませんが、総じて解説は丁寧になされており、他の基本書では浅くしか触れられていない試験頻出分野についても厚く解説が付されているなど、かゆいところに手が届く書籍といえます。

本書は法科大学院未修1年目やロー入試を目指す受験生向けに執筆されたものですが、前述のようにケーススタディが強く意識されていることから、行政法の全体像を理解していない初学者にとってはやや使いづらい面があると思います。一方で行政法について基礎的な学習を終え、演習に移ろうとしている方にとって本書は基礎と演習の架け橋となる良書といえます。

行政法の論文問題では、個別法の解釈や訴訟選択など、他の科目よりも事案解析の作法を意識した検討が求められていますが、本書では随所に個別法の解釈方法について解説されており、また他の基本書ではなかなか触れられていない事例問題検討の所作についても説明がなされています。

演習書で事例問題を解き始めているが個別法解釈がうまく出来ない、基本事項は押さえたが事例問題だと問題点が抽出できない、といった人には本書はぴったりの書籍といえます。

本書の使用方法としては他の基本書・百選等で基本事項を習得し、「事例研究 行政法」や司法試験問題を解き、躓いた点を本書で復習する、といった用法が良いと思います。

「基本行政法」の評価は?

短答式対策において

本書は司法試験で出題される全範囲をカバーしているので、本書を通読すれば短答試験に必要な知識は習得出来ます。もっともケーススタディを強調しているので、他の基本書よりも知識だけを習得する学習には向いていない印象を受けます。短答に不安がある人は他の基本書も流し読み程度でもしておくと良いでしょう。

法科大学院入試対策において

本書はケーススタディを重視しているので、法科大学院入試に頻出の事例問題対策にぴったりです。法科大学院入試レベルであれば司法試験のような長大かつ難解な事例問題が解けずとも、本書程度の事例問題が解ければ十二分に合格レベルに到達することが出来ます。行政法論文対策は本書1冊で十分でしょう。

司法試験・予備試験対策において

前述のように本書は司法試験・予備試験検討の副読書にぴったりな書籍です。試験問題を解き、本書で復習し、また試験問題を解いてみる、というサイクルを繰り返せば司法試験突破に必要な作法は十分身につきます。論文問題で躓いたらまず本書を参照してみましょう。

あなたもレビューしませんか?

※先に「継続力」を理解する事が重要です。

難関な試験に合格する為には独学力を鍛えなくてはなりません。

司法試験の独学力.comでは、独学力を構成する「効率力」と「継続力」。特に独学で司法試験に合格する為の必須条件である「継続力」について解説しモチベーション向上を図ります。